重曹の特徴と重曹洗剤の作り方と用途

重曹ベーキングソーダ

1 重曹の特徴

重曹(ベイキング・ソーダ)は、よほどハードな汚れでなければ落とすことができる万能かつエコな洗剤になります。重曹とは炭酸水素ナトリウムのことで、加熱するか酸性の液体と混ぜると、水と炭酸ソーダ(炭酸ナトリウム)、炭酸ガス(二酸化炭素)に分解されます。これにより中和、消臭、吸湿、発泡などの効果が現れます。このため、掃除だけでなく料理、洗濯、消臭剤、吸湿剤、スキンケアまでも使える環境にやさしい「万能パウダー」といえます。

2 重曹水スプレーの作り方と用途

【作り方】
分量はコップ1杯(180~200cc)のお湯(40℃位)に、中さじ1杯(10グラム)の重曹を目安にしてください。冷たい水だと溶けないので、必ずお湯を使用してかき混ぜてしっかり溶かしてください。スプレーヤーに容れて使用すると便利なので、スプレーヤーの容量に合わせてお湯と重曹を混合してください。500ccのスプレーなら大さじと中さじ、それぞれ一杯ずつくらいになります。粒が残っているとスプレーが詰まるので、完全に溶けるまで混ぜるように心がけてください。
【用途】
毎日のおそうじに使用して、軽い汚れを落とします。
台所(キッチン):シンク(流し台)、ガスレンジ、IHコンロ、換気扇(レンジフード)などのクリーニング
浴室(バス、風呂)、洗面所、トイレ(便所):日頃のお手入れ

3 重曹クリーム洗剤の作り方と用途

【作り方】
作り方は簡単で、水を少なくして濃度を上げるだけです。これだけでも洗浄効果の向上が期待できます。分量としては重曹3に対して水1程度を基準にしてください。重曹のつぶつぶは少しくらい残っていても構いません。というより粒々を残しておいてください。これがクレンザー(研磨剤)としての役割を果たします。粉のそのままだと素材にからみにくいのですが、少量の水で溶くことで、汚れた部分に密着しやすくなります。重曹の粒子は、クレンザーよりも大きいですが、粒子自体がそれほど固くはないので、素材を傷つける可能性は少ないので心配しないでください。
【用途】
スポンジやブラシにペースト状になった重曹をつけ、汚れた部分をしっかり擦って、ハードな油汚れ等を削り落とします。

4 油汚れ用重曹ペーストの作り方と用途

【作り方】
最後は油汚れ専用強力洗剤にしてしまいます。重曹クリームを作った時の水の代わりに油汚れ用洗剤を使用します。台所用のマジックリンなどを使用し、重曹3に対して油汚れ用洗剤1の割合で混合します。これで重厚なペーストが出来上がります。
【用途】
ガスレンジの五徳、魚焼きグリルの網、レンジフードのファンやフィルターなど頑固な油汚れにペーストを塗って、一時間ほど放置して洗剤を十分効かせます。後はスポンジやブラシで汚れをこすり落として、最後に水洗いします。

以上ですが、それでも落ちにくい油汚れは、話題のセスキ炭酸ソーダを使用します。これは別の機会に紹介します。

重曹の特徴と重曹洗剤の作り方と用途
セスキ炭酸ソーダの特徴と用途
クエン酸の特徴と用途
強アルカリ電解水の特徴と用途
次亜塩素酸ナトリウム(塩素系漂白剤)の特徴と用途
過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)の特徴と用途

関連記事一覧

  1. 汚れて泥だらけ
  2. エアコンから異音
  3. スクレイパー
  4. 強アルカリ電解水
  5. ハウスクリーニング掃除
PAGE TOP