次亜塩素酸ナトリウム(塩素系漂白剤)の特徴と用途

次亜塩素酸ナトリウム

次亜塩素酸ナトリウムとは

塩素系漂白剤の代表的な成分で、漂白剤だけでなく消毒剤としても幅広く使われています。名前が専門業者以外にはあまり知られていないだけで、一般家庭にも普及している化学物質です。カビキラーやカビハイターなどにも使用されており、カビ菌の除去にも利用されています。単体でも販売されていますが、使い方を誤ると大変危険なので、取り扱いには十分な知識と細心の注意を払う必要があります。特に酸性と反応すると有害な塩素ガスが発生して、最悪の場合は死に至る可能性もないとはいいきれません。よく、「混ぜるな危険」という表示を見かけることがあると思いますが、唯一、家庭用洗剤でこれを見かける代表格がこの組み合わせです。

次亜塩素酸ナトリウムの特徴

液性はアルカリ性で、漂白力が強いため、台所や浴室のカビや黒ズミの除去に使用されます。また殺菌作用もありますが、鼻をつくような特有の臭いがあります。プールなどの消毒に使われることもあるので、その臭いを感じた方も多いともいます。

次亜塩素酸ナトリウムの用途

【漂白作用】
水洗いできる白物の衣類(綿・麻・ポリエステル・アクリル素材のみ)であれば漂白することができます。漂白力が強いので色柄物への使用すると染料まで色が抜けてしまうので止めてください。
【消毒作用】
ノロウイルスやロタウイルスは、石鹸やエタノールでも消毒することはできませんが、この次亜塩素酸ナトリウムを使えば消毒することが可能です。また、腸管出血性大腸菌O157や一般的な食中毒菌などにも有効であることが知られています。消毒といっても手や顔に直接使用することは肌に良いとは言えません。ドアノブや手すりなど人が触るところ、床や壁などを拭いたり、衣類や器具のつけ置き洗浄などで使用し、消毒してください。

使用上の注意

  • 危険なので再度、注意喚起しますが、酸性のものとまぜると化学反応して有害な塩素ガスが発生します。まぜるな危険と表示された洗剤どうし(酸性と塩素系)は絶対に混ぜないでください。酸性洗剤の代表的なものはサンポールですが、他にもあるので必ず事前に確認してください。
  • 衣類の漂白に使用する場合は、漂白力が強いので素材、環境によっては黄変することがあります。これは化学反応ですので、元に戻すことはもとより、目立たなくすることもかなり難しいです。漂白力が強いということは衣類を傷めやすいということでもあるので、大事な衣服を漂白するときは薄めにして様子を見てからの方が良いかもしれません。

重曹の特徴と重曹洗剤の作り方と用途
セスキ炭酸ソーダの特徴と用途
クエン酸の特徴と用途
強アルカリ電解水の特徴と用途
次亜塩素酸ナトリウム(塩素系漂白剤)の特徴と用途
過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)の特徴と用途

関連記事一覧

  1. エアコン交換取付
  2. キッチン台所用洗剤
  3. パワークロスパッド
PAGE TOP