洗濯機のお掃除、きちんとできていますか?

洗濯機の掃除を怠っていると、服の汚れが落ちにくくなったりいくら洗っても嫌な臭いが残るようになってしまいます。

洗濯機の掃除方法や、プロに依頼するメリットなどをご紹介するのでぜひチェックしてください。

 

洗濯機の掃除方法①重曹クリーナーを使う

重曹クリーナーは人体にも優しい洗剤です。

小さなお子様やアトピー、皮膚炎などをお持ちの方がご家庭にいる場合でも使いやすいクリーナーですので、一つ持っておくといいでしょう。

重曹クリーナーは賛成のカビ、タンパク質を分解して汚れを除去してくれます。

同じようなはたらきを持つものに酵素系のクリーナーもあります。

重曹クリーナーや酵素クリーナーで洗濯機を掃除する場合、まずはゴミ取りネットを外します。

その後洗濯槽に40度から50度のお湯を満水の位置まで溜めて、クリーナーを投入します。

クリーナーを入れる量は記載されているものが多いですが、しばらく掃除をしていなかった場合は多めに入れるといいでしょう。

その後洗濯機を回し、完了したらゴミをすくって捨てます。

もう一度回してしっかりゴミを取り除いたら、すすぎ洗いをして完了です。

 

洗濯機の掃除方法②塩素系クリーナーを使う

塩素系クリーナーは洗濯槽のゴミをそのまま分解してくれるので、洗濯が終わるたびにゴミをすくいだす工程を省くことができます。

やり方は同じで、2回洗濯機を回したあとすすぎ洗いをして完了。

時間も短縮できるので、選択のついでにでも気軽に掃除を行うことができそうです。

塩素系クリーナーの他、クエン酸系のクリーナーも同じように簡単に掃除をすることができます。

 

洗濯機の掃除方法③洗濯槽以外も掃除する

洗濯機の汚れと言えば洗濯槽ですが、他にも掃除すべきポイントはたくさんあります。

まずはゴミ取りネット。本来なら洗濯するたびにゴミを取り出して乾燥させるべきですが、忘れてしまってゴミが詰まっている、カビが生えているという場合は、重曹水に30分程度つけおきして揉み洗いをするのがおすすめ。

排水ホースはきちんと掃除しておかないとヘドロが溜まり、悪臭、汚れ、詰まりの原因になってしまいます。排水ホースを本体から取り外したら、重曹水に1時間から5時間程度つけおきしましょう。水で洗い流して汚れが落ちていれば完了です。

さらに排水トラップや排水口の掃除も忘れずに。パイプクリーナーを使うことでヘドロ汚れも簡単に落とすことができますよ。

排水トラップ、排水口を掃除したあとは、水をためるのを忘れないようにしてください。

 

洗濯機の掃除方法④プロにお任せする

それでも汚れが気になる、洗濯機が故障しないか心配で細かい部分を掃除できないという場合は、プロにお任せするのが一番です。

洗濯機クリーニングをプロに依頼すれば、洗濯機を分解して目に見えない部分や手の届かない溝など、本当に細かい部分まで徹底的にキレイにしてくれます。

ドラム式洗濯機はとくにヒートポンプまわりが掃除しにくいですが、プロに任せればしっかり清掃。

今までよりも洗濯物をキレイに洗うことができるようになりますよ。

家庭でできる掃除は3ヶ月に1回程度が目安ですが、プロには1年に1度は依頼することで、洗濯機を長く使い続けることができます。

 

浜松市の洗濯機掃除なら浜松おそうじハウス!

浜松おそうじハウスでは洗濯機の掃除のご依頼も受け付けています。

一般家庭での掃除では行き届かない部分まで徹底的にキレイにして、洗濯機の汚れや臭い、故障の原因となる詰まりなどを除去いたします。

料金は14,000円から。垂直ドラム単曹式に限りますので、ご自宅の洗濯機がどのタイプか確認してから見積もり依頼をするように注意してくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加