よく聞かれるのが、ダスキンや他のハウスクリーニング業者との違いです。

ダスキンとおそうじ本舗

ダスキンの特徴

レンタルモップでおなじみのダスキンは、日本で初めてハウスクリーニングをシステム化したパイオニアです。引越しのアート引越センター、宅配便のヤマト運輸のようなものです。

ダスキンは最大手ですから、知名度はもちろん信頼度も高く、そのブランドが維持できるように全国の研修施設で、技術教育を充実させています。掃除をするときの動画なども公式ページに載せてあるので、おおよその作業イメージができ、初めての方でも安心できます。

ただ、お急ぎの方やお値段を気にする方にとっては、おすすめすることは難しいです。大手ですので見積もりと作業をしっかりと行うためエアコンや換気扇などのクリーニング、お部屋の清掃作業を依頼してから、見積もりまでに1週間から2週間、実際の作業は1カ月以上先になることも決して珍しくありません。また、料金も有名ブランドですので、どうしても他社に比べると割高になります。

おそうじ本舗の特徴

おそうじ本舗は後発組とあって、追い上げなければなりません。ハウスクリーニングに関してはダスキンとほぼ同様の企業展開を行い、現在業界第2位、店舗数やエアコン部門ではダスキンを抜いて第1位に君臨しています。

ただ店舗数はかなりごまかしています。加盟している個人、法人の数でも水増ししていますが、個人にいたってはほとんど実店舗なんかありません。手元の計算でも、表示している店舗数と加盟しているオーナー数は10%以上の開きがあり、ブランドの信頼度はかなり低くなっています。

カジタクと家事の達人

カジタクはイオングループが展開するサービスでクリーニングと家事代行を取り扱っています。家事の達人は似たような名前で対抗していますが、おそうじ本舗のFC本部、ひとわが展開するサービスです。ともにお店で購入することができ、ギフトとしても活用できます。

カジタク

話がちょっとややこしいのですが、家事玄人は通常「かじ・くろうと」と読めるのですが、これを「かじくらうど」と呼んでいます。はやりの「クラウド(雲)」を使いたかったのでしょうが、当て字、あて読みの意味はよくわかりません。これをイオングループの生活支援事業会社である株式会社カジタクが提供しています。それで、カジタクの「カジ」が家事代行サービスでいわゆるハウスクリーニングです。そして「タク」というのが衣類や布団のクリーニングの保管付宅配サービスです。自分で書いていても首をかしげたくなる複雑な構造です。

家事の達人

家事の達人は、イオンのカジタクのシステムとほぼ同じで、お店でチケットを購入してから電話などで日程を調整するものです。これをうける業者が実は「おそうじ本舗」です。カジタク、家事の達人ともにスーパーや家電量販店で手軽に購入できるメリットはありますが、キャンペーン実施中や特売品を除いて、決して値段が安いわけではありません。また、値段が高いわりに作業を請け負う側には、高価なマージンを引かれた料金しか入ってこないので、お客様にも委託業者にもメリットは少ないのが事実です。また、時間が90分と120分とか限定されているので、優良な業者が来てくれれば、時間内にきれにしてくれますが、クリーニングがそれほど上手でない業者がきた場合はかなり不運な結果となり、不満が残るかもしれません。覚悟が必要です。

チケットの購入方法

チケットは、もちろんどこでも買えるわけではありません。カジタクのチケットは、主にイオンやダイエー系のスーパー、ビックカメラやコジマなどの家電量販店で購入できます。家事の達人の方は、イトーヨーカ堂などのスーパー、ヤマダ電機やノジマ、ヨドバシカメラなどの家電店で購入できます。ともに地方のスーパーマーケットや家電店とも提携しているので、詳しく知りたい方は各サイトで確認してください。それから、ネットでも販売していることを付け加えておきます。

利用方法とメリット

普通の方が自分でチケットを買ってハウスクリーニングを頼むことは少ないと思いますし、金額、サービスからしてお勧めもできません。母の日、父の日、敬老の日などのギフトとしての利用が一般的かと思います。メリットは近所のお店で買えるということ以外は、私には思いつきません。

浜松おそうじハウスの利点

当店は、専門研修を修了したスタッフが必ず訪問して、質の高い清掃作業を提供しております。お急ぎの場合も時間が取れる限り、お客様のご要望に沿わせていただきます。まずはメールか電話でお問い合わせください。なんでもご相談にのらせていただきます。

予約はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加