自分でできる掃除や手入れは、見えるところ、手の届くところだけです。エアコンの汚れの大半であるカビ菌は湿気を好みます。除湿、冷房を使用したとき、エアコン内部は熱交換器の結露により湿気が充満し、カビにとっては天国のような環境です。 見えるところ、手の届くところは内部に比べて水分が蒸発しやすく、カビの繁殖も控えめです。その控えめな部分だけをいくらきれいにしても、効果はほとんどありません。 従って、カビが繁殖した見えないところ、手の届かないところを、エアコンを分解して高圧洗浄機と専用洗剤で専門クリーニングすることは絶対に必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加