エアコンの基本的構造は同じなので、古い機種でも海外メーカーのものでも対応は可能ですが、問題はトラブルが起きたときです。部品の破損や故障が起きたとき、補修部品の入手が困難です。製造から10年以上のものは劣化によりプラ部品は容易に破損しますが、メーカーに部品の在庫がないということが起こります。海外メーカーの場合、故障しやすいわりに国内にサポート体制がないこともあります。 従って、故障した場合でも、修理や交換の保証ができない場合があることをご了承の上であればお受けできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加