エアコンクリーニング後は確実に効きが良くなり、電気代が節約できます。 エアコンのフィルターを取り外すと金属の薄い板(アルミフィン)が縦に並んでいるのが見えます。これは熱交換器と呼ばれ、この部分が熱くなったり冷たくなったりして空気の温度を調節する仕組みで、まさにエアコンの心臓部です。 この熱交換器は熱効率を高めるためフィンは薄く、その隙間は非常に狭くなっています。このフィンの部分は、冷房や除湿使用時に冷たくなり、そのため結露し水が発生します。この水とフィルターをすり抜けたホコリがカビ繁殖の原因です。カビが繁殖するとアルミフィンの狭い隙間を埋め尽くし、空気の流れを悪くします。これがエアコンの効きを悪くする最大の原因です。 この汚れ(カビ)を取り除くことで、エアコンの効きを新品のときのように復活させることができるのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加