室外機をケースに入れたり、天板をつけたりすると、冷暖房の効きが悪くなります。上方や正面は原則開放、裏側は壁から離して設置してください。また、土埃や雑草、虫などで室外機が汚れたり、気流が乱れると効きが悪くなるので、地面から離れるよう台座の上に設置することも大事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加