自動掃除機能は大きく内部乾燥、フィルター掃除、熱交換器洗浄の3つに分類されます。追加料金が必要なお掃除機能付とは、2番めのフィルター自動掃除機能のことで、これにはフィルター表面のホコリを自動で掃除してくれる機械(ロボット)が付いています。 これを見分ける方法はいくつかあります。 ダストボックスがついていれば機能付きです。ただし、シャープ、パナソニック(ナショナル)はダストボックスがなくても機能付きの機種が多いので、これだけでの判別はできません。 次にフィルターが簡単に外せるかどうかです。ロック機構が付いていたり、やや固めに固定されている場合(ツメ)は機能付きです。 それから、リモコンです。お掃除や手動掃除ボタンがあれば機能付きです。クリーンやクリーニングは内部乾燥用ボタンの可能性が高いです。 最後に、エアコンを停止した後に、数分から十数分、機械が動いている音がすることがあれば機能付きです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加