浜松市中区、北区、東区近郊。洗剤の使い方

洗剤スプレーとウエス(雑巾)

ハウスクリーニングのコツにはいろいろありますが、まず基本的なことは洗剤の使い方です。

効果が表れるまでの時間

洗剤をつけたらすぐに洗ったり、磨いたり、こすったりする方がいらっしゃいますが、洗剤には効き始めるまでの時間が必要です。短いものですと数秒から数分ですが、長いものになると30分以上放置しておいた方がよい場合もあります。カビや油の汚れの場合は、時間を置いた方が結果的に汚れを早く落とせます。

洗剤の選び方

洗剤には汚れの種類に適した洗剤を使わないと汚れは落とせません。油汚れ用の洗剤でカビは落とせませんし、漂白剤で油を落とすのも無理があります。一般の酸性の汚れにはアルカリ性洗剤が、アルカリ性の汚れには酸性洗剤が効きます。理由は酸とアルカリで中和させて汚れを化学反応で分解させるからです。難しいことがわからなければ、専用洗剤以外を使う場合は、性質の違う洗剤で試してみると汚れが落とせるということです。

ただし、酸性洗剤(トイレ用など)と塩素系洗剤(カビ用、漂白剤など)は絶対に混ぜないでください。有毒ガスが発生して、最悪、死亡したケースもありますので、注意してください。

洗浄の繰り返し

一回の洗浄できれいにならない場合は、複数回繰り返します。一回目の洗剤だけではすでに汚れを除去して効力を失っいる場合があります。2回、3回と繰り返すことによって、表面から順番に汚れを落としていくことができます。

洗剤を使う時の温度

一般的に温度が高い方が汚れを落としやすいことが多いですが、そんな汚れているところや洗剤の温度を上げるのは難しいですよね。でも油汚れだけは本当に温度の影響を受けやすいので、お湯、ドライヤーやスチーマーなどを利用した方が洗浄のためにはよいと思います。それもむりな方は、温度の高い夏場にクリーニングしてください。年末大掃除は油汚れに対して最も不適な時期です。

関連記事一覧

  1. 年末大掃除
  2. スクレイパー
  3. 近隣の騒音苦情
  4. ポリッシャー
PAGE TOP