台所用洗剤

キッチン台所用洗剤

ハウスクリーニングの中でも最も身近なもののひとつが台所です。台所は食品を毎日扱う場所だけにいつもきれいで清潔にしておきたいと誰もが思います。ここでは、そのための台所用の洗剤について説明します。台所の汚れにはどんなものがあるでしょうか?まずは、汚れの種類を区分してから、それぞれの汚れを落とす方法を説明します。

台所の汚れ

台所の汚れは大きく3つに区分できます。

  1. 蛇口、シンク周りの水あか
  2. 排水口の雑菌やぬめり
  3. レンジ、換気扇の油汚れ

蛇口、シンク周りの水あか

水アカは浴室ほどはひどくはないと思いますが、茶渋や醤油などの調味料がこびりついて変色していることがあります。水アカだけであれば酸性洗剤を使えばきれいにすることができます。酸性洗剤は、長く放置すると金属やガラスが焼けることがあるので、使用した後は必ず水で流し、洗剤をふき取ってください。茶渋などで変色している場合は、研磨剤入りの洗剤を使えばきれいになります。このとき、素材によってはどうしても細かなキズが付くことがありますので、注意してください。

排水口の雑菌やぬめり

排水口は漂白剤です。これほど効果的な洗剤はありません。擦ったり、磨いたりすることも必要ない場合もあります。漂白剤を水で薄めて排水口に垂らしたり、溜めておくだけでも十分な効果が得られることがほとんどです。欠点は、臭いですね。気にされない方にとっては何でもないのですが、気にされる方は非常に嫌がります。数時間すればおさまるので、外出前とか就寝前に処置をしておけば、帰宅時、起床時には気にならないレベルまで下がっていると思います。漂白剤の主成分は次亜塩素酸ナトリウムで、カビ除去用の洗剤とほぼ同じでやや濃いと思っていただければ良いかと思います。注意すべきは、塩素系洗剤ということです。水アカ取りに使う酸性洗剤と混ぜると有毒ガスが発生して危険です。最悪、死に至ることもあるので、絶対に混ざらないようにしてください。どちらの洗剤も使用後は水道水で十分、洗い流すことを忘れないでください。できれば念のため窓を開けて洗浄作業をする等、万が一に備えるとともに、異常を感じたら外に避難することも考えておいてください。ちょっと大げさに書いて脅してしまいましたが、要は甘く考えないで欲しいということです。

レンジ、換気扇の油汚れ

キッチンの最後は最も手ごわい油汚れです。特にガスレンジの五徳やレンジフードの換気扇(シロッコファン)は強敵です。「敵を知り己を知らば百戦危うからず」と孫子の兵法にも書かれています。まず、敵である油をよく知ることが重要です。油は空気に触れた表面から固まっていきます。そして温度が低いと固まり、温度が高いと柔らかくなります。酷い油汚れをおとすには、表面がすでに固くなっているのであれば、ヘラ(ケレン)かプラスチックのカードなどでできるだけ削り落とします。表面が固まっているだけであれば、ある程度きれいに取れます。次に油専用洗剤をできれば高温にして表面に塗布します。五徳の場合はつけ置きにした方がより効果的です。そしてもう一度、ヘラなどで表面をこすりながら汚れを落としていきます。最後はウエス(タオルや雑巾)で拭き取って、終了です。仕上げはウエスを水で濡らして、何度かウエスで拭いてあげてください。もし、五徳の汚れが取れない場合はマイナスドライバーやカッターナイフで削る方法もありますが、力の加減が難しくコツがあるので、けがをいないように十分気を付けてください。

最後に

今回は、洗剤を中心に説明しました。別の機会で、使用する器材とレンジフードや排水口の分解手順についてお話しできればと考えています。そのときも、よろしくお願いします。

関連記事一覧

  1. 床置型エアコン(空調機)
  2. 家事の達人・カジタク(家事の宅配)
  3. 近隣の騒音苦情
  4. ハウスクリーニング掃除
PAGE TOP