浴室乾燥機の分解手順

浴室乾燥機の分解手順です。脚立などの台になるものを用意してください。足元が不安定になるので作業中は転倒しないように細心の注意を払ってください。また、ネジや小さな部品を落としても紛失しないようにバスタブの排水口は閉じておいてください。バスタブを傷めないためにはシートや古いバスタオルを敷いてから作業することが大事です。

手順1.フィルターを外す

フィルターは正しい方向に引くだけで外れますが、あまり長く掃除をしていないと、汚れのために固着して外れにくい場合があります。取り外せない場合は、洗剤や水またはお湯をかけて、カビや雑菌などの汚れを取り除き、接触面を滑らかにしてから取り外してください。

手順2.パネルカバーを取り外す

パネルカバーは4隅に4本のビスで取り付けられています。通常、ネジの部分はむき出しになっていることは少なく、プラスチックのカバーで閉ざされています。このカバーを先に外してください。指で外せなければ、爪楊枝の先などを使って、隙間から差し込み取り除きます。取れたらねじ回しを使ってネジを緩めます。ネジの長さは結構、長い場合もあるので電動ドライバーを使用した方がよいかもしれません。ネジが外れても落下防止のために鎖でつながれている場合もありますので、これをはずしてカバーを取り外します。チェーンはフックで引っ掛けているタイプとネジで固定されているタイプがあるので、ネジの場合はそれを緩めてください。

手順3.ファンカバーを取り外す

ファンカバーは数カ所のネジで留められています。横についている熱交換器(フィン)カバーと一体になっていたり、どちらかを先に外さないと両方を外せないタイプもあるので、それぞれ確認してから作業してください。また、本体まるごと外しか方法のないタイプもあるので、その場合はファンの取り外しは諦めた方がよいと思います。

手順4.ファンを取り外す

ファンカバーが外れたらファンを取り外します。ファンカバーが外れなかった場合はファンは外せないと思ってください。ファンの取り外しはナットを一つ外すだけの場合がほとんどです。ワッシャが何枚か挟まっている場合があるので順番を覚えておくことと、落として無くすことがないように注意してください。

組立はおおむね逆順ですが、常に上を向いているので疲れます。集中力がなくなったと感じたら、休憩を取るように心がけてください。そうしないと思わぬ事故を招きます。くれぐれも無理をしないように、外れるものは外しても、外れないものは外れないということを肝に銘じてください。

関連記事一覧

  1. ハウスクリーニング
  2. エアコン分解クリーニング
  3. キッチン台所用洗剤
  4. バス用洗剤
PAGE TOP