浜松市中区、相生町、葵西、葵東、浅田町などパナソニック製お掃除エアコンの清掃について

松下電器は家電全般で人気があります。ブランドはパナソニック(以前はAVオーディオ・ビジュアル家電以外はナショナルでした。)です。

特徴

ナノイーという機能が備わっています。シャープのプラズマクラスターみたいなものでしょう。ナノイーのキーワードは次のとおりです。

  1. H2O:それは水で包まれた微粒子イオン
  2. 約600秒:長寿命だから、広範囲に届きやすい。
  3. 約1000倍:一般的なイオンおり、うるおいたっぷり。
  4. 約5~20mm:微細ナノサイズで、繊維の奥にも入り込みやすい。
  5. 4兆8千億個:「ナノイーX」はOHラジカルが「ナノイー」の10倍

フィルタ自動お掃除機能

ものすごくわかりやすいお掃除機能です。掃除機の吸い口をフィルターに当てながら上下に移動させ、全体を左右に移動させます。掃除機のホースがついているところが、わかりやすいという意味です。これはパナソニックだけです。吸い取ったゴミは排水とともに外に流します。

この機能の欠点は、構造が複雑でほこりがたまりやすいことです。上下に移動する吸い口は小さく、その内側が滑らかではないので空気がよどみ、ほこりがスムーズに流れてくれません。上下の移動は透明なプラスチックフィルムをスライドさせる方式なので、静電気を発生しやすい上にスライドする溝の部分にも構造的にほこりが着きやすくなっています。更にそれらが湾曲した細長い容器に収まっているので、余程、吸引力が強くなければ必ずほこりが蓄積されてしまいます。また、ホースの部分も蛇腹状になっているので、これでほこりが溜まらないわけがありません。

ということで、新品のうちはフィルターをきれいにしてくれて、お掃除ロボットがその役目を果たすでしょうが、数年、早ければ1、2年で、ホコリが貯まりはじめ、一旦そうなると、もう負のスパイラルを止めることはできません。お掃除機能の中も、フィルターの外側も内側も、熱交換器(金属のフィンとパイプの部分です。)の表面も内部も、いたるところにほこりが溜まります。そして、その大量のほこりを、いつも部屋中にまき散らしてくれます。

クリーニング

上記の理由から、年数が経つとお掃除ロボットはほとんど働いていません。そしてほこりがたっぷりの状態で、夏にクーラーを使うとホコリに水分が吸収され、乾けば汚れとして付着するし、湿ったままだとカビを発生させます。まさに、ほこりと湿気と汚れとカビの悪循環です。見た目汚れてきて、カビとかも目立ってくると手動でお掃除機能を作動させたくなります。でもそれは何も吸い取らないどころか静電気を発生させてホコリの吸着を促進させ、カビや有害な雑菌を部屋中に撒くだけです。最悪のケースでは、そのエアコンが取り付けられた部屋に入ると気分が悪くなったり、具合が悪くなったりします。そうならないためにも、なるべく早めのクリーニングを心がけてください。

関連記事一覧

  1. 次亜塩素酸ナトリウム
  2. セスキ炭酸ソーダ
  3. 天井吊下型エアコン(空調機)
PAGE TOP