よくある質問FAQs

全般

これは水道水に含まれる成分であるカルシウムが乾燥して石灰化してできる水垢です。

Category: 水回り

プロは見えないところも分解して、お客様が気づかないようなところの汚れも落とします。見た目以上に仕上がりには違いがあります。

Category: 水回り

とにかく水回りのカビには漂白剤を使用してください。次亜塩素酸ナトリウムという成分がカビを撲滅してくれます。

Category: 水回り

水回りを清潔に保つためには、使ったあとに汚れの原因になるものを残さないことです。そのために石鹸・洗剤や皮脂を水で流すクセをつけてください。可能であれば布巾やタオルで残った水を拭き取ってください。

Category: 水回り

水回りをきれいに保つためには、使ったあとに汚れの原因になるものを残さないことです。そのために石鹸・洗剤や皮脂を水で流すクセをつけてください。可能であれば布巾やタオルで残った水を拭き取ってください。

Category: 水回り

パッキンや目地などに使われるゴムやシリコン、軟質プラスチックに生えたカビを短時間で完全に落とすことはできません。カビキラーなどのカビ除去剤で毎日少しずつキレイにしてください。

Category: 水回り

蛇口や水の溜まりやすい場所にできる白い汚れは、水道水に含まれるミネラル成分のうちカルシウムが石灰化したものです。この汚れは石のように固く普通の洗剤ではなかなか落ちません。この白い汚れを落とすには酸を使います。最も身近なものでは「お酢」、これは酢酸という酸です。掃除用としてはクエン酸も最近は容易に入手できます。クエン酸の場合は粉で販売されてるので水で溶かして使用します。酸の液体にキッチンペーパーを浸して、汚れた場所に30分から1時間ほど浸け置きます。後はブラシや布でこすれば、汚れを落とすことができます。一度できれいにならない場合は、繰り返すかスチールウールを使用して削り落とします。スチールウールは素材を傷つけることもあるので力加減に注意が必要です。

Category: 水回り

最も簡単なのはジフなどのクリームクレンザーで磨く方法です。それでも落ちない時間がたったもらい錆は、ハイドロハイターなどの錆を元に戻す還元作用のある洗剤を使ってください。嘘のようにキレイになります。

Category: 水回り

ザラつきの正体は石けんカスと水垢です。酸性洗剤で落とすことができますが、鏡面処理などのデリケートな素材でなければ、傷をつけないように削り取る方が手っ取り早いです。

Category: 水回り

黒カビの繁殖条件は温度、湿度、エサの3つが揃うことです。温度は20~30度くらいなので、人が生活する環境とあまりかわらず、避けることはできません。湿度は70~80%以上で大量に繁殖するようになります。湿度の高い梅雨時や夏場は除湿機などで湿度を下げてください。エアコン、洗濯機、浴室は特に湿気やすいところなので風通しや乾燥に気を使ってください。 カビの除去にはカビキラーなどの専用洗剤が最適です。時間をかけて根気よく除去してください。

Category: 水回り

バケツに漂白剤を入れて水で薄めます。その中に汚れている小物を漬け置きしてください。ブラシで軽くこするか、布で拭くだけでカビもヌメリも簡単に落ちます。

カビの種類というより、カビの生えている場所によっては、クリーニング方法を変えています。

Category: 水回り

水回りについたピンク色の汚れは、酵母の一種でロドトルラというものです。これはカビになる前なのでエタノールで簡単に落とせます。

Category: 水回り

虫が自然に湧くことはありません。排水トラップに異常がある場合は、配管から侵入することもありますが、よほど古い家でもない限り、その可能性は高くありません。排水口を清潔に保ったり、キッチン水切りをこまめに捨てることで虫は来なくなります。

Category: 水回り

水垢を落とす酸性洗剤とカビを取る塩素系洗剤が混ざると有毒ガスが発生して非常に危険です。「まぜるな危険」と表示された洗剤を2種類以上使用する場合は、必ず確認して同時に使用しないでください。

Category: 水回り

水回りクリーニングのセット料金は、それぞれ1箇所として設定されています。トイレに限らず、洗面所や浴室も2箇所以上の場合は、別途追加料金がかかります。

Category: 水回り

当店では品質を保つため、現状、パート、バイトを雇用していません。従いまして、1名での作業になるので、時間も1日頂いております

Category: 水回り

追加場所がある場合は事前に連絡をお願いします。掃除箇所によって使う洗剤や器材が異なる場合があり、対応できないことがあります。もちろん持ち込んだ洗剤器材で掃除できる箇所で、時間に余裕がある場合は、いくらでも対応します。

Category: 水回り

水回りの清潔感を保つためには、使ったあとに汚れの原因になるものをなるべく残さないことです。日頃から水回りを使ったら最後に汚れを水で流し、流して残った水を布巾や雑巾で拭き取ることに心がけてください。

Category: 水回り

水回りのクリーニングでカビ臭さもその他の雑菌の悪臭も全て改善されます。ニオイの気になる方は、専門業者にクリーニングを依頼してください。

Category: 水回り

エアコンや換気扇と違い、水回りの場合、特に適した時期はありません。強いて言えば、エアコン繁忙期の夏と年末大掃除の時期は避けた方が希望の日程で予約を取れます。

Category: 水回り

もちろんセットの方がお得な料金設定にしています。詳しくは価格表をご覧ください。

Category: 水回り

水回りのクリーニング程度で、専用の道具を使うことはありません。

Category: 水回り

業者がクリーニングに与えられた時間は、長くても半日から1日です。この時間ですと、深く根を生やしたカビや鏡についた硬い水垢、複雑な構造の浴室ドアの頑固な汚れなどをすべて完全に落とすことはできません。お客様の方で、定期的に洗剤を使用して時間をかけて落としてください。これらは技術より時間が解決できる汚れです。

Category: 水回り

汚れの種類はご家庭ごとにまちまちです。その汚れを落とせる時間も落としてみないとわからないことがほとんどです。

Category: 水回り

浴室、台所(換気扇)、洗面所、トイレの組み合わせです。お客様が気になる部分や汚れの目立つ場所を重点に、細かいところまでキレイにします。

Category: 水回り

プロは外せる部品は分解して、見えない部分も徹底的に洗浄し、汚れを元から絶ちます。きれいになるだけでなく。キレイが長持ちします。

Category: 水回り

場所によって素材が違うので落とし方も違います。酸性増粘水、蛇口用ファブリックシート、陶器用研磨シートなどを使い分けて水垢を落とします。

Category: 水回り

排水口の汚れを落とすのもキレイを保つのも漂白剤です。台所でもお風呂場でも、水回りはどこでも漂白剤が万能です。

水回りの汚れは溜めないでください。年末大掃除ではなく、日常の掃除でキレイを保ってください。

Category: 水回り

年末大掃除の12月を外していただければ、いつでも予約は入れやすいです。

Category: 水回り

浴室の水垢、特に扉や鏡についた汚れは落とすのに手間がかかります。扉は下の方に頑固な汚れが付きますが、構造的に入り組んでおり落とすのが大変です。また年数の経った鏡の汚れはとにかく頑固です。

Category: 水回り

Load More

エアコン

これは水道水に含まれる成分であるカルシウムが乾燥して石灰化してできる水垢です。

Category: 水回り

プロは見えないところも分解して、お客様が気づかないようなところの汚れも落とします。見た目以上に仕上がりには違いがあります。

Category: 水回り

とにかく水回りのカビには漂白剤を使用してください。次亜塩素酸ナトリウムという成分がカビを撲滅してくれます。

Category: 水回り

水回りを清潔に保つためには、使ったあとに汚れの原因になるものを残さないことです。そのために石鹸・洗剤や皮脂を水で流すクセをつけてください。可能であれば布巾やタオルで残った水を拭き取ってください。

Category: 水回り

水回りをきれいに保つためには、使ったあとに汚れの原因になるものを残さないことです。そのために石鹸・洗剤や皮脂を水で流すクセをつけてください。可能であれば布巾やタオルで残った水を拭き取ってください。

Category: 水回り

パッキンや目地などに使われるゴムやシリコン、軟質プラスチックに生えたカビを短時間で完全に落とすことはできません。カビキラーなどのカビ除去剤で毎日少しずつキレイにしてください。

Category: 水回り

蛇口や水の溜まりやすい場所にできる白い汚れは、水道水に含まれるミネラル成分のうちカルシウムが石灰化したものです。この汚れは石のように固く普通の洗剤ではなかなか落ちません。この白い汚れを落とすには酸を使います。最も身近なものでは「お酢」、これは酢酸という酸です。掃除用としてはクエン酸も最近は容易に入手できます。クエン酸の場合は粉で販売されてるので水で溶かして使用します。酸の液体にキッチンペーパーを浸して、汚れた場所に30分から1時間ほど浸け置きます。後はブラシや布でこすれば、汚れを落とすことができます。一度できれいにならない場合は、繰り返すかスチールウールを使用して削り落とします。スチールウールは素材を傷つけることもあるので力加減に注意が必要です。

Category: 水回り

最も簡単なのはジフなどのクリームクレンザーで磨く方法です。それでも落ちない時間がたったもらい錆は、ハイドロハイターなどの錆を元に戻す還元作用のある洗剤を使ってください。嘘のようにキレイになります。

Category: 水回り

ザラつきの正体は石けんカスと水垢です。酸性洗剤で落とすことができますが、鏡面処理などのデリケートな素材でなければ、傷をつけないように削り取る方が手っ取り早いです。

Category: 水回り

黒カビの繁殖条件は温度、湿度、エサの3つが揃うことです。温度は20~30度くらいなので、人が生活する環境とあまりかわらず、避けることはできません。湿度は70~80%以上で大量に繁殖するようになります。湿度の高い梅雨時や夏場は除湿機などで湿度を下げてください。エアコン、洗濯機、浴室は特に湿気やすいところなので風通しや乾燥に気を使ってください。 カビの除去にはカビキラーなどの専用洗剤が最適です。時間をかけて根気よく除去してください。

Category: 水回り

バケツに漂白剤を入れて水で薄めます。その中に汚れている小物を漬け置きしてください。ブラシで軽くこするか、布で拭くだけでカビもヌメリも簡単に落ちます。

カビの種類というより、カビの生えている場所によっては、クリーニング方法を変えています。

Category: 水回り

水回りについたピンク色の汚れは、酵母の一種でロドトルラというものです。これはカビになる前なのでエタノールで簡単に落とせます。

Category: 水回り

虫が自然に湧くことはありません。排水トラップに異常がある場合は、配管から侵入することもありますが、よほど古い家でもない限り、その可能性は高くありません。排水口を清潔に保ったり、キッチン水切りをこまめに捨てることで虫は来なくなります。

Category: 水回り

水垢を落とす酸性洗剤とカビを取る塩素系洗剤が混ざると有毒ガスが発生して非常に危険です。「まぜるな危険」と表示された洗剤を2種類以上使用する場合は、必ず確認して同時に使用しないでください。

Category: 水回り

水回りクリーニングのセット料金は、それぞれ1箇所として設定されています。トイレに限らず、洗面所や浴室も2箇所以上の場合は、別途追加料金がかかります。

Category: 水回り

当店では品質を保つため、現状、パート、バイトを雇用していません。従いまして、1名での作業になるので、時間も1日頂いております

Category: 水回り

追加場所がある場合は事前に連絡をお願いします。掃除箇所によって使う洗剤や器材が異なる場合があり、対応できないことがあります。もちろん持ち込んだ洗剤器材で掃除できる箇所で、時間に余裕がある場合は、いくらでも対応します。

Category: 水回り

水回りの清潔感を保つためには、使ったあとに汚れの原因になるものをなるべく残さないことです。日頃から水回りを使ったら最後に汚れを水で流し、流して残った水を布巾や雑巾で拭き取ることに心がけてください。

Category: 水回り

水回りのクリーニングでカビ臭さもその他の雑菌の悪臭も全て改善されます。ニオイの気になる方は、専門業者にクリーニングを依頼してください。

Category: 水回り

エアコンや換気扇と違い、水回りの場合、特に適した時期はありません。強いて言えば、エアコン繁忙期の夏と年末大掃除の時期は避けた方が希望の日程で予約を取れます。

Category: 水回り

もちろんセットの方がお得な料金設定にしています。詳しくは価格表をご覧ください。

Category: 水回り

水回りのクリーニング程度で、専用の道具を使うことはありません。

Category: 水回り

業者がクリーニングに与えられた時間は、長くても半日から1日です。この時間ですと、深く根を生やしたカビや鏡についた硬い水垢、複雑な構造の浴室ドアの頑固な汚れなどをすべて完全に落とすことはできません。お客様の方で、定期的に洗剤を使用して時間をかけて落としてください。これらは技術より時間が解決できる汚れです。

Category: 水回り

汚れの種類はご家庭ごとにまちまちです。その汚れを落とせる時間も落としてみないとわからないことがほとんどです。

Category: 水回り

浴室、台所(換気扇)、洗面所、トイレの組み合わせです。お客様が気になる部分や汚れの目立つ場所を重点に、細かいところまでキレイにします。

Category: 水回り

プロは外せる部品は分解して、見えない部分も徹底的に洗浄し、汚れを元から絶ちます。きれいになるだけでなく。キレイが長持ちします。

Category: 水回り

場所によって素材が違うので落とし方も違います。酸性増粘水、蛇口用ファブリックシート、陶器用研磨シートなどを使い分けて水垢を落とします。

Category: 水回り

排水口の汚れを落とすのもキレイを保つのも漂白剤です。台所でもお風呂場でも、水回りはどこでも漂白剤が万能です。

水回りの汚れは溜めないでください。年末大掃除ではなく、日常の掃除でキレイを保ってください。

Category: 水回り

年末大掃除の12月を外していただければ、いつでも予約は入れやすいです。

Category: 水回り

浴室の水垢、特に扉や鏡についた汚れは落とすのに手間がかかります。扉は下の方に頑固な汚れが付きますが、構造的に入り組んでおり落とすのが大変です。また年数の経った鏡の汚れはとにかく頑固です。

Category: 水回り

Load More

洗濯機

これは水道水に含まれる成分であるカルシウムが乾燥して石灰化してできる水垢です。

Category: 水回り

プロは見えないところも分解して、お客様が気づかないようなところの汚れも落とします。見た目以上に仕上がりには違いがあります。

Category: 水回り

とにかく水回りのカビには漂白剤を使用してください。次亜塩素酸ナトリウムという成分がカビを撲滅してくれます。

Category: 水回り

水回りを清潔に保つためには、使ったあとに汚れの原因になるものを残さないことです。そのために石鹸・洗剤や皮脂を水で流すクセをつけてください。可能であれば布巾やタオルで残った水を拭き取ってください。

Category: 水回り

水回りをきれいに保つためには、使ったあとに汚れの原因になるものを残さないことです。そのために石鹸・洗剤や皮脂を水で流すクセをつけてください。可能であれば布巾やタオルで残った水を拭き取ってください。

Category: 水回り

パッキンや目地などに使われるゴムやシリコン、軟質プラスチックに生えたカビを短時間で完全に落とすことはできません。カビキラーなどのカビ除去剤で毎日少しずつキレイにしてください。

Category: 水回り

蛇口や水の溜まりやすい場所にできる白い汚れは、水道水に含まれるミネラル成分のうちカルシウムが石灰化したものです。この汚れは石のように固く普通の洗剤ではなかなか落ちません。この白い汚れを落とすには酸を使います。最も身近なものでは「お酢」、これは酢酸という酸です。掃除用としてはクエン酸も最近は容易に入手できます。クエン酸の場合は粉で販売されてるので水で溶かして使用します。酸の液体にキッチンペーパーを浸して、汚れた場所に30分から1時間ほど浸け置きます。後はブラシや布でこすれば、汚れを落とすことができます。一度できれいにならない場合は、繰り返すかスチールウールを使用して削り落とします。スチールウールは素材を傷つけることもあるので力加減に注意が必要です。

Category: 水回り

最も簡単なのはジフなどのクリームクレンザーで磨く方法です。それでも落ちない時間がたったもらい錆は、ハイドロハイターなどの錆を元に戻す還元作用のある洗剤を使ってください。嘘のようにキレイになります。

Category: 水回り

ザラつきの正体は石けんカスと水垢です。酸性洗剤で落とすことができますが、鏡面処理などのデリケートな素材でなければ、傷をつけないように削り取る方が手っ取り早いです。

Category: 水回り

黒カビの繁殖条件は温度、湿度、エサの3つが揃うことです。温度は20~30度くらいなので、人が生活する環境とあまりかわらず、避けることはできません。湿度は70~80%以上で大量に繁殖するようになります。湿度の高い梅雨時や夏場は除湿機などで湿度を下げてください。エアコン、洗濯機、浴室は特に湿気やすいところなので風通しや乾燥に気を使ってください。 カビの除去にはカビキラーなどの専用洗剤が最適です。時間をかけて根気よく除去してください。

Category: 水回り

バケツに漂白剤を入れて水で薄めます。その中に汚れている小物を漬け置きしてください。ブラシで軽くこするか、布で拭くだけでカビもヌメリも簡単に落ちます。

カビの種類というより、カビの生えている場所によっては、クリーニング方法を変えています。

Category: 水回り

水回りについたピンク色の汚れは、酵母の一種でロドトルラというものです。これはカビになる前なのでエタノールで簡単に落とせます。

Category: 水回り

虫が自然に湧くことはありません。排水トラップに異常がある場合は、配管から侵入することもありますが、よほど古い家でもない限り、その可能性は高くありません。排水口を清潔に保ったり、キッチン水切りをこまめに捨てることで虫は来なくなります。

Category: 水回り

水垢を落とす酸性洗剤とカビを取る塩素系洗剤が混ざると有毒ガスが発生して非常に危険です。「まぜるな危険」と表示された洗剤を2種類以上使用する場合は、必ず確認して同時に使用しないでください。

Category: 水回り

水回りクリーニングのセット料金は、それぞれ1箇所として設定されています。トイレに限らず、洗面所や浴室も2箇所以上の場合は、別途追加料金がかかります。

Category: 水回り

当店では品質を保つため、現状、パート、バイトを雇用していません。従いまして、1名での作業になるので、時間も1日頂いております

Category: 水回り

追加場所がある場合は事前に連絡をお願いします。掃除箇所によって使う洗剤や器材が異なる場合があり、対応できないことがあります。もちろん持ち込んだ洗剤器材で掃除できる箇所で、時間に余裕がある場合は、いくらでも対応します。

Category: 水回り

水回りの清潔感を保つためには、使ったあとに汚れの原因になるものをなるべく残さないことです。日頃から水回りを使ったら最後に汚れを水で流し、流して残った水を布巾や雑巾で拭き取ることに心がけてください。

Category: 水回り

水回りのクリーニングでカビ臭さもその他の雑菌の悪臭も全て改善されます。ニオイの気になる方は、専門業者にクリーニングを依頼してください。

Category: 水回り

エアコンや換気扇と違い、水回りの場合、特に適した時期はありません。強いて言えば、エアコン繁忙期の夏と年末大掃除の時期は避けた方が希望の日程で予約を取れます。

Category: 水回り

もちろんセットの方がお得な料金設定にしています。詳しくは価格表をご覧ください。

Category: 水回り

水回りのクリーニング程度で、専用の道具を使うことはありません。

Category: 水回り

業者がクリーニングに与えられた時間は、長くても半日から1日です。この時間ですと、深く根を生やしたカビや鏡についた硬い水垢、複雑な構造の浴室ドアの頑固な汚れなどをすべて完全に落とすことはできません。お客様の方で、定期的に洗剤を使用して時間をかけて落としてください。これらは技術より時間が解決できる汚れです。

Category: 水回り

汚れの種類はご家庭ごとにまちまちです。その汚れを落とせる時間も落としてみないとわからないことがほとんどです。

Category: 水回り

浴室、台所(換気扇)、洗面所、トイレの組み合わせです。お客様が気になる部分や汚れの目立つ場所を重点に、細かいところまでキレイにします。

Category: 水回り

プロは外せる部品は分解して、見えない部分も徹底的に洗浄し、汚れを元から絶ちます。きれいになるだけでなく。キレイが長持ちします。

Category: 水回り

場所によって素材が違うので落とし方も違います。酸性増粘水、蛇口用ファブリックシート、陶器用研磨シートなどを使い分けて水垢を落とします。

Category: 水回り

排水口の汚れを落とすのもキレイを保つのも漂白剤です。台所でもお風呂場でも、水回りはどこでも漂白剤が万能です。

水回りの汚れは溜めないでください。年末大掃除ではなく、日常の掃除でキレイを保ってください。

Category: 水回り

年末大掃除の12月を外していただければ、いつでも予約は入れやすいです。

Category: 水回り

浴室の水垢、特に扉や鏡についた汚れは落とすのに手間がかかります。扉は下の方に頑固な汚れが付きますが、構造的に入り組んでおり落とすのが大変です。また年数の経った鏡の汚れはとにかく頑固です。

Category: 水回り

Load More

浴室

これは水道水に含まれる成分であるカルシウムが乾燥して石灰化してできる水垢です。

Category: 水回り

プロは見えないところも分解して、お客様が気づかないようなところの汚れも落とします。見た目以上に仕上がりには違いがあります。

Category: 水回り

とにかく水回りのカビには漂白剤を使用してください。次亜塩素酸ナトリウムという成分がカビを撲滅してくれます。

Category: 水回り

水回りを清潔に保つためには、使ったあとに汚れの原因になるものを残さないことです。そのために石鹸・洗剤や皮脂を水で流すクセをつけてください。可能であれば布巾やタオルで残った水を拭き取ってください。

Category: 水回り

水回りをきれいに保つためには、使ったあとに汚れの原因になるものを残さないことです。そのために石鹸・洗剤や皮脂を水で流すクセをつけてください。可能であれば布巾やタオルで残った水を拭き取ってください。

Category: 水回り

パッキンや目地などに使われるゴムやシリコン、軟質プラスチックに生えたカビを短時間で完全に落とすことはできません。カビキラーなどのカビ除去剤で毎日少しずつキレイにしてください。

Category: 水回り

蛇口や水の溜まりやすい場所にできる白い汚れは、水道水に含まれるミネラル成分のうちカルシウムが石灰化したものです。この汚れは石のように固く普通の洗剤ではなかなか落ちません。この白い汚れを落とすには酸を使います。最も身近なものでは「お酢」、これは酢酸という酸です。掃除用としてはクエン酸も最近は容易に入手できます。クエン酸の場合は粉で販売されてるので水で溶かして使用します。酸の液体にキッチンペーパーを浸して、汚れた場所に30分から1時間ほど浸け置きます。後はブラシや布でこすれば、汚れを落とすことができます。一度できれいにならない場合は、繰り返すかスチールウールを使用して削り落とします。スチールウールは素材を傷つけることもあるので力加減に注意が必要です。

Category: 水回り

最も簡単なのはジフなどのクリームクレンザーで磨く方法です。それでも落ちない時間がたったもらい錆は、ハイドロハイターなどの錆を元に戻す還元作用のある洗剤を使ってください。嘘のようにキレイになります。

Category: 水回り

ザラつきの正体は石けんカスと水垢です。酸性洗剤で落とすことができますが、鏡面処理などのデリケートな素材でなければ、傷をつけないように削り取る方が手っ取り早いです。

Category: 水回り

黒カビの繁殖条件は温度、湿度、エサの3つが揃うことです。温度は20~30度くらいなので、人が生活する環境とあまりかわらず、避けることはできません。湿度は70~80%以上で大量に繁殖するようになります。湿度の高い梅雨時や夏場は除湿機などで湿度を下げてください。エアコン、洗濯機、浴室は特に湿気やすいところなので風通しや乾燥に気を使ってください。 カビの除去にはカビキラーなどの専用洗剤が最適です。時間をかけて根気よく除去してください。

Category: 水回り

バケツに漂白剤を入れて水で薄めます。その中に汚れている小物を漬け置きしてください。ブラシで軽くこするか、布で拭くだけでカビもヌメリも簡単に落ちます。

カビの種類というより、カビの生えている場所によっては、クリーニング方法を変えています。

Category: 水回り

水回りについたピンク色の汚れは、酵母の一種でロドトルラというものです。これはカビになる前なのでエタノールで簡単に落とせます。

Category: 水回り

虫が自然に湧くことはありません。排水トラップに異常がある場合は、配管から侵入することもありますが、よほど古い家でもない限り、その可能性は高くありません。排水口を清潔に保ったり、キッチン水切りをこまめに捨てることで虫は来なくなります。

Category: 水回り

水垢を落とす酸性洗剤とカビを取る塩素系洗剤が混ざると有毒ガスが発生して非常に危険です。「まぜるな危険」と表示された洗剤を2種類以上使用する場合は、必ず確認して同時に使用しないでください。

Category: 水回り

水回りクリーニングのセット料金は、それぞれ1箇所として設定されています。トイレに限らず、洗面所や浴室も2箇所以上の場合は、別途追加料金がかかります。

Category: 水回り

当店では品質を保つため、現状、パート、バイトを雇用していません。従いまして、1名での作業になるので、時間も1日頂いております

Category: 水回り

追加場所がある場合は事前に連絡をお願いします。掃除箇所によって使う洗剤や器材が異なる場合があり、対応できないことがあります。もちろん持ち込んだ洗剤器材で掃除できる箇所で、時間に余裕がある場合は、いくらでも対応します。

Category: 水回り

水回りの清潔感を保つためには、使ったあとに汚れの原因になるものをなるべく残さないことです。日頃から水回りを使ったら最後に汚れを水で流し、流して残った水を布巾や雑巾で拭き取ることに心がけてください。

Category: 水回り

水回りのクリーニングでカビ臭さもその他の雑菌の悪臭も全て改善されます。ニオイの気になる方は、専門業者にクリーニングを依頼してください。

Category: 水回り

エアコンや換気扇と違い、水回りの場合、特に適した時期はありません。強いて言えば、エアコン繁忙期の夏と年末大掃除の時期は避けた方が希望の日程で予約を取れます。

Category: 水回り

もちろんセットの方がお得な料金設定にしています。詳しくは価格表をご覧ください。

Category: 水回り

水回りのクリーニング程度で、専用の道具を使うことはありません。

Category: 水回り

業者がクリーニングに与えられた時間は、長くても半日から1日です。この時間ですと、深く根を生やしたカビや鏡についた硬い水垢、複雑な構造の浴室ドアの頑固な汚れなどをすべて完全に落とすことはできません。お客様の方で、定期的に洗剤を使用して時間をかけて落としてください。これらは技術より時間が解決できる汚れです。

Category: 水回り

汚れの種類はご家庭ごとにまちまちです。その汚れを落とせる時間も落としてみないとわからないことがほとんどです。

Category: 水回り

浴室、台所(換気扇)、洗面所、トイレの組み合わせです。お客様が気になる部分や汚れの目立つ場所を重点に、細かいところまでキレイにします。

Category: 水回り

プロは外せる部品は分解して、見えない部分も徹底的に洗浄し、汚れを元から絶ちます。きれいになるだけでなく。キレイが長持ちします。

Category: 水回り

場所によって素材が違うので落とし方も違います。酸性増粘水、蛇口用ファブリックシート、陶器用研磨シートなどを使い分けて水垢を落とします。

Category: 水回り

排水口の汚れを落とすのもキレイを保つのも漂白剤です。台所でもお風呂場でも、水回りはどこでも漂白剤が万能です。

水回りの汚れは溜めないでください。年末大掃除ではなく、日常の掃除でキレイを保ってください。

Category: 水回り

年末大掃除の12月を外していただければ、いつでも予約は入れやすいです。

Category: 水回り

浴室の水垢、特に扉や鏡についた汚れは落とすのに手間がかかります。扉は下の方に頑固な汚れが付きますが、構造的に入り組んでおり落とすのが大変です。また年数の経った鏡の汚れはとにかく頑固です。

Category: 水回り

Load More

換気扇

これは水道水に含まれる成分であるカルシウムが乾燥して石灰化してできる水垢です。

Category: 水回り

プロは見えないところも分解して、お客様が気づかないようなところの汚れも落とします。見た目以上に仕上がりには違いがあります。

Category: 水回り

とにかく水回りのカビには漂白剤を使用してください。次亜塩素酸ナトリウムという成分がカビを撲滅してくれます。

Category: 水回り

水回りを清潔に保つためには、使ったあとに汚れの原因になるものを残さないことです。そのために石鹸・洗剤や皮脂を水で流すクセをつけてください。可能であれば布巾やタオルで残った水を拭き取ってください。

Category: 水回り

水回りをきれいに保つためには、使ったあとに汚れの原因になるものを残さないことです。そのために石鹸・洗剤や皮脂を水で流すクセをつけてください。可能であれば布巾やタオルで残った水を拭き取ってください。

Category: 水回り

パッキンや目地などに使われるゴムやシリコン、軟質プラスチックに生えたカビを短時間で完全に落とすことはできません。カビキラーなどのカビ除去剤で毎日少しずつキレイにしてください。

Category: 水回り

蛇口や水の溜まりやすい場所にできる白い汚れは、水道水に含まれるミネラル成分のうちカルシウムが石灰化したものです。この汚れは石のように固く普通の洗剤ではなかなか落ちません。この白い汚れを落とすには酸を使います。最も身近なものでは「お酢」、これは酢酸という酸です。掃除用としてはクエン酸も最近は容易に入手できます。クエン酸の場合は粉で販売されてるので水で溶かして使用します。酸の液体にキッチンペーパーを浸して、汚れた場所に30分から1時間ほど浸け置きます。後はブラシや布でこすれば、汚れを落とすことができます。一度できれいにならない場合は、繰り返すかスチールウールを使用して削り落とします。スチールウールは素材を傷つけることもあるので力加減に注意が必要です。

Category: 水回り

最も簡単なのはジフなどのクリームクレンザーで磨く方法です。それでも落ちない時間がたったもらい錆は、ハイドロハイターなどの錆を元に戻す還元作用のある洗剤を使ってください。嘘のようにキレイになります。

Category: 水回り

ザラつきの正体は石けんカスと水垢です。酸性洗剤で落とすことができますが、鏡面処理などのデリケートな素材でなければ、傷をつけないように削り取る方が手っ取り早いです。

Category: 水回り

黒カビの繁殖条件は温度、湿度、エサの3つが揃うことです。温度は20~30度くらいなので、人が生活する環境とあまりかわらず、避けることはできません。湿度は70~80%以上で大量に繁殖するようになります。湿度の高い梅雨時や夏場は除湿機などで湿度を下げてください。エアコン、洗濯機、浴室は特に湿気やすいところなので風通しや乾燥に気を使ってください。 カビの除去にはカビキラーなどの専用洗剤が最適です。時間をかけて根気よく除去してください。

Category: 水回り

バケツに漂白剤を入れて水で薄めます。その中に汚れている小物を漬け置きしてください。ブラシで軽くこするか、布で拭くだけでカビもヌメリも簡単に落ちます。

カビの種類というより、カビの生えている場所によっては、クリーニング方法を変えています。

Category: 水回り

水回りについたピンク色の汚れは、酵母の一種でロドトルラというものです。これはカビになる前なのでエタノールで簡単に落とせます。

Category: 水回り

虫が自然に湧くことはありません。排水トラップに異常がある場合は、配管から侵入することもありますが、よほど古い家でもない限り、その可能性は高くありません。排水口を清潔に保ったり、キッチン水切りをこまめに捨てることで虫は来なくなります。

Category: 水回り

水垢を落とす酸性洗剤とカビを取る塩素系洗剤が混ざると有毒ガスが発生して非常に危険です。「まぜるな危険」と表示された洗剤を2種類以上使用する場合は、必ず確認して同時に使用しないでください。

Category: 水回り

水回りクリーニングのセット料金は、それぞれ1箇所として設定されています。トイレに限らず、洗面所や浴室も2箇所以上の場合は、別途追加料金がかかります。

Category: 水回り

当店では品質を保つため、現状、パート、バイトを雇用していません。従いまして、1名での作業になるので、時間も1日頂いております

Category: 水回り

追加場所がある場合は事前に連絡をお願いします。掃除箇所によって使う洗剤や器材が異なる場合があり、対応できないことがあります。もちろん持ち込んだ洗剤器材で掃除できる箇所で、時間に余裕がある場合は、いくらでも対応します。

Category: 水回り

水回りの清潔感を保つためには、使ったあとに汚れの原因になるものをなるべく残さないことです。日頃から水回りを使ったら最後に汚れを水で流し、流して残った水を布巾や雑巾で拭き取ることに心がけてください。

Category: 水回り

水回りのクリーニングでカビ臭さもその他の雑菌の悪臭も全て改善されます。ニオイの気になる方は、専門業者にクリーニングを依頼してください。

Category: 水回り

エアコンや換気扇と違い、水回りの場合、特に適した時期はありません。強いて言えば、エアコン繁忙期の夏と年末大掃除の時期は避けた方が希望の日程で予約を取れます。

Category: 水回り

もちろんセットの方がお得な料金設定にしています。詳しくは価格表をご覧ください。

Category: 水回り

水回りのクリーニング程度で、専用の道具を使うことはありません。

Category: 水回り

業者がクリーニングに与えられた時間は、長くても半日から1日です。この時間ですと、深く根を生やしたカビや鏡についた硬い水垢、複雑な構造の浴室ドアの頑固な汚れなどをすべて完全に落とすことはできません。お客様の方で、定期的に洗剤を使用して時間をかけて落としてください。これらは技術より時間が解決できる汚れです。

Category: 水回り

汚れの種類はご家庭ごとにまちまちです。その汚れを落とせる時間も落としてみないとわからないことがほとんどです。

Category: 水回り

浴室、台所(換気扇)、洗面所、トイレの組み合わせです。お客様が気になる部分や汚れの目立つ場所を重点に、細かいところまでキレイにします。

Category: 水回り

プロは外せる部品は分解して、見えない部分も徹底的に洗浄し、汚れを元から絶ちます。きれいになるだけでなく。キレイが長持ちします。

Category: 水回り

場所によって素材が違うので落とし方も違います。酸性増粘水、蛇口用ファブリックシート、陶器用研磨シートなどを使い分けて水垢を落とします。

Category: 水回り

排水口の汚れを落とすのもキレイを保つのも漂白剤です。台所でもお風呂場でも、水回りはどこでも漂白剤が万能です。

水回りの汚れは溜めないでください。年末大掃除ではなく、日常の掃除でキレイを保ってください。

Category: 水回り

年末大掃除の12月を外していただければ、いつでも予約は入れやすいです。

Category: 水回り

浴室の水垢、特に扉や鏡についた汚れは落とすのに手間がかかります。扉は下の方に頑固な汚れが付きますが、構造的に入り組んでおり落とすのが大変です。また年数の経った鏡の汚れはとにかく頑固です。

Category: 水回り

Load More

水回り

これは水道水に含まれる成分であるカルシウムが乾燥して石灰化してできる水垢です。

Category: 水回り

プロは見えないところも分解して、お客様が気づかないようなところの汚れも落とします。見た目以上に仕上がりには違いがあります。

Category: 水回り

とにかく水回りのカビには漂白剤を使用してください。次亜塩素酸ナトリウムという成分がカビを撲滅してくれます。

Category: 水回り

水回りを清潔に保つためには、使ったあとに汚れの原因になるものを残さないことです。そのために石鹸・洗剤や皮脂を水で流すクセをつけてください。可能であれば布巾やタオルで残った水を拭き取ってください。

Category: 水回り

水回りをきれいに保つためには、使ったあとに汚れの原因になるものを残さないことです。そのために石鹸・洗剤や皮脂を水で流すクセをつけてください。可能であれば布巾やタオルで残った水を拭き取ってください。

Category: 水回り

パッキンや目地などに使われるゴムやシリコン、軟質プラスチックに生えたカビを短時間で完全に落とすことはできません。カビキラーなどのカビ除去剤で毎日少しずつキレイにしてください。

Category: 水回り

蛇口や水の溜まりやすい場所にできる白い汚れは、水道水に含まれるミネラル成分のうちカルシウムが石灰化したものです。この汚れは石のように固く普通の洗剤ではなかなか落ちません。この白い汚れを落とすには酸を使います。最も身近なものでは「お酢」、これは酢酸という酸です。掃除用としてはクエン酸も最近は容易に入手できます。クエン酸の場合は粉で販売されてるので水で溶かして使用します。酸の液体にキッチンペーパーを浸して、汚れた場所に30分から1時間ほど浸け置きます。後はブラシや布でこすれば、汚れを落とすことができます。一度できれいにならない場合は、繰り返すかスチールウールを使用して削り落とします。スチールウールは素材を傷つけることもあるので力加減に注意が必要です。

Category: 水回り

最も簡単なのはジフなどのクリームクレンザーで磨く方法です。それでも落ちない時間がたったもらい錆は、ハイドロハイターなどの錆を元に戻す還元作用のある洗剤を使ってください。嘘のようにキレイになります。

Category: 水回り

ザラつきの正体は石けんカスと水垢です。酸性洗剤で落とすことができますが、鏡面処理などのデリケートな素材でなければ、傷をつけないように削り取る方が手っ取り早いです。

Category: 水回り

黒カビの繁殖条件は温度、湿度、エサの3つが揃うことです。温度は20~30度くらいなので、人が生活する環境とあまりかわらず、避けることはできません。湿度は70~80%以上で大量に繁殖するようになります。湿度の高い梅雨時や夏場は除湿機などで湿度を下げてください。エアコン、洗濯機、浴室は特に湿気やすいところなので風通しや乾燥に気を使ってください。 カビの除去にはカビキラーなどの専用洗剤が最適です。時間をかけて根気よく除去してください。

Category: 水回り

バケツに漂白剤を入れて水で薄めます。その中に汚れている小物を漬け置きしてください。ブラシで軽くこするか、布で拭くだけでカビもヌメリも簡単に落ちます。

カビの種類というより、カビの生えている場所によっては、クリーニング方法を変えています。

Category: 水回り

水回りについたピンク色の汚れは、酵母の一種でロドトルラというものです。これはカビになる前なのでエタノールで簡単に落とせます。

Category: 水回り

虫が自然に湧くことはありません。排水トラップに異常がある場合は、配管から侵入することもありますが、よほど古い家でもない限り、その可能性は高くありません。排水口を清潔に保ったり、キッチン水切りをこまめに捨てることで虫は来なくなります。

Category: 水回り

水垢を落とす酸性洗剤とカビを取る塩素系洗剤が混ざると有毒ガスが発生して非常に危険です。「まぜるな危険」と表示された洗剤を2種類以上使用する場合は、必ず確認して同時に使用しないでください。

Category: 水回り

水回りクリーニングのセット料金は、それぞれ1箇所として設定されています。トイレに限らず、洗面所や浴室も2箇所以上の場合は、別途追加料金がかかります。

Category: 水回り

当店では品質を保つため、現状、パート、バイトを雇用していません。従いまして、1名での作業になるので、時間も1日頂いております

Category: 水回り

追加場所がある場合は事前に連絡をお願いします。掃除箇所によって使う洗剤や器材が異なる場合があり、対応できないことがあります。もちろん持ち込んだ洗剤器材で掃除できる箇所で、時間に余裕がある場合は、いくらでも対応します。

Category: 水回り

水回りの清潔感を保つためには、使ったあとに汚れの原因になるものをなるべく残さないことです。日頃から水回りを使ったら最後に汚れを水で流し、流して残った水を布巾や雑巾で拭き取ることに心がけてください。

Category: 水回り

水回りのクリーニングでカビ臭さもその他の雑菌の悪臭も全て改善されます。ニオイの気になる方は、専門業者にクリーニングを依頼してください。

Category: 水回り

エアコンや換気扇と違い、水回りの場合、特に適した時期はありません。強いて言えば、エアコン繁忙期の夏と年末大掃除の時期は避けた方が希望の日程で予約を取れます。

Category: 水回り

もちろんセットの方がお得な料金設定にしています。詳しくは価格表をご覧ください。

Category: 水回り

水回りのクリーニング程度で、専用の道具を使うことはありません。

Category: 水回り

業者がクリーニングに与えられた時間は、長くても半日から1日です。この時間ですと、深く根を生やしたカビや鏡についた硬い水垢、複雑な構造の浴室ドアの頑固な汚れなどをすべて完全に落とすことはできません。お客様の方で、定期的に洗剤を使用して時間をかけて落としてください。これらは技術より時間が解決できる汚れです。

Category: 水回り

汚れの種類はご家庭ごとにまちまちです。その汚れを落とせる時間も落としてみないとわからないことがほとんどです。

Category: 水回り

浴室、台所(換気扇)、洗面所、トイレの組み合わせです。お客様が気になる部分や汚れの目立つ場所を重点に、細かいところまでキレイにします。

Category: 水回り

プロは外せる部品は分解して、見えない部分も徹底的に洗浄し、汚れを元から絶ちます。きれいになるだけでなく。キレイが長持ちします。

Category: 水回り

場所によって素材が違うので落とし方も違います。酸性増粘水、蛇口用ファブリックシート、陶器用研磨シートなどを使い分けて水垢を落とします。

Category: 水回り

排水口の汚れを落とすのもキレイを保つのも漂白剤です。台所でもお風呂場でも、水回りはどこでも漂白剤が万能です。

水回りの汚れは溜めないでください。年末大掃除ではなく、日常の掃除でキレイを保ってください。

Category: 水回り

年末大掃除の12月を外していただければ、いつでも予約は入れやすいです。

Category: 水回り

浴室の水垢、特に扉や鏡についた汚れは落とすのに手間がかかります。扉は下の方に頑固な汚れが付きますが、構造的に入り組んでおり落とすのが大変です。また年数の経った鏡の汚れはとにかく頑固です。

Category: 水回り

Load More

PAGE TOP