よくある質問FAQs

全般

換気扇は時間が経つと油がたまって固まっていきます。こまめに掃除するのが最も簡単な方法です。

温度が低い時期の掃除はできるだけ避けてください。それから、分解洗浄する場合はショートや感電に気をつけてください。スイッチや配線には百ボルトの電気が流れており危険です。

プロは換気扇を分解して、業務用洗剤と専用器材を使用して洗浄します。シロッコファンやフードなども分解するので、目に見えない奥の汚れまで落とすことができます。

換気扇は必ず上についています。分解や洗浄するときに、部品や洗剤、油汚れが落ちてくるので、顔や体、コンロなどに注意と対策をしてください。周辺を養生することと、手袋やゴーグルを使用することを忘れないでください。

掃除で換気扇を傷つけることはあまりありませんが、いくつか注意してください。分解するときに部品を落下させないように手を添えること。強い洗剤を使用する時は素材を傷めないか確認すること。金属製の道具を使用する時は、鋭利な角で表面を傷つけないように気をつけること。

水回りクリーニングのセット料金では、汚れの程度によらず同一の価格を設定しています。

日程が空いていれば、最短、当日でも作業は可能です。ただし、繁忙期は予約を取りにくいので、計画的な準備に心がけてください。

年数が経つと油が塗装面に癒着してしまいます。そうなると、油を落とすと塗料も剥がれて見苦しくなります。このような状態では、油汚れだけを落とすことは手遅れで、不可能です。

油汚れがひどい場合、最初から洗剤を使っていては作業が大変です。平らなところはスクレーパー、シロッコファンや溝部分は専用ケレンで削り落とします。その後、油用洗剤、ウエス、ブラシを使って仕上げます。浸け置きにはキッチンペーパーやお湯を上手に使ってください。

油のついている場所によって道具を使い分けます。平面的な部分はスクレーパー、それ以外はブラシを使います。また、シロッコファンには専用のケレンがあります。

油汚れにより、ファンの重心がずれて振動が発生したり、奥の吸込弁が開きにくくなったりして音が大きくなることがあります。それとクリーニングした後に音が大きくなるのは、汚れがとれてファンが円滑に勢いよく回るようになったためです。

使い捨てのフィルターを使用して、汚れたら交換してください。いつもきれいな状態を保つことが長く使い続けるコツです。

換気扇の表面が黄ばむ原因は油汚れです。コンロ付近から舞い上がった油は全てが換気扇に吸収されることはなく、部屋中に飛び散っています。換気扇だけでなく、エアコンの表面の黄ばみも、原因が油であることもあります。油ですので素材の変色でなければクリーニングでキレイになります。

ほとんどの油汚れは落とせますが、完全に固まってしまった油は落とすのに時間がかかります。また、長年放置すると油汚れと塗装面の癒着がおこり、汚れだけを落とすことはできなくなります。油と塗料が斑に剥がれ、たいへん見苦しくなります。これは、業者の技術に関係なく起きる事象なので、手遅れにならないうちにクリーニングすることをおすすめします。

使い捨てのフィルターを使用してください。できれば高くても厚手のものが良いです。更に、後付タイプよりも、交換タイプのフィルター枠が断然おすすめです。

換気扇は100ボルトの交流電源を使用し、液状の油は電気を通すので、危険ということであれば感電です。危険とまではいかなくてもリスクということであれば、モータの振動、異音や故障、機能低下による部屋中への油の散乱、電気代の無駄、フード表面の塗装剥がれなどが挙げられます。

簡単な換気扇なら誰にでも分解できます。新しいものはネジも手回しかコインで十分です。古いものでも、ほとんどドライバー1本で分解できます。シロッコファンだけは逆ネジになっており、外すときが右回り(時計回り)です。そこだけ注意はしないと外すつもりが締め付けてしまいます。

当店では、換気扇のコーティングはお勧めしていません。効果はほとんどありません。

油の臭いが取れなくなり、換気効率も悪くなります。最悪の場合は、溜まった汚れが原因で換気扇が故障する可能性もあります。体への影響は、換気されない煙などを吸い込むことで肺を傷めることになるかも知れません。

最も簡単で効果的な方法は、ドライヤーでこびり付いた油を温めて柔らかくすることです。その時に、やけどしないように注意してください。スチーマーでも構いませんが、周りが水浸しになるので、しっかり養生してください。

最初にクリーニングすることで、業者は各家庭特有の汚れの状態(クセ)を把握します。同じ業者に依頼すれば、以降、スムーズに汚れを落としてよりキレイにできます。

換気扇の清掃場所として台所を使用するので、周辺を片付けて、作業スペースを確保してください。

換気扇の汚れは油です。油は温度が低いと固くなり、逆に温度が高いと柔らかくなります。換気扇のクリーニングは、油が柔らかい時期に行うのがベストです。年末大掃除の時期は最も汚れが落ちにくい時期です。なるべく避けてください。また、換気扇をいつまでもキレイに使いたい方は、毎年クリーニングされています。年数が経つと油が固まって落ちにくくなります。

換気扇クリーニングは汚れの度合によって時間が大きく変わります。通常は1時間半から3時間です。工程は、周辺を養生して分解、各部品と本体を洗浄後、元通りに組み立てて終了です。

換気扇クリーニングにとって最悪の時期である年末大掃除の12月さえ外せば、比較的、予約は入れやすいです。

1年や2年ではしつこい油汚れはありません。簡単に落とせます。 洗剤には反応時間というものがあり、特に油の場合は相当に時間がかかります。 また、油は高温で柔らかくなる性質を持っています。 従って、浸け置き洗いをしたりやお湯・ドライヤーなどで加熱すれば、油汚れは楽に落とせます。

当店はエコ洗剤を使用していません。エコ洗剤といえば聞こえが良いですが、汚れを落とす能力は半減します。

シロッコファンが汚れているとモーターに余分な負荷がかかり、吸込み効率も悪くなります。またフィルターが汚れて詰まっていると空気の流れが悪くなります。そうなると換気扇の効きが悪くなるだけでなく電気代も無駄になります。

機械的な音であれば故障もしくはその前兆です。軽い振動音の場合は、ファンの汚れでバランスが崩れたり、フードに接触したりするのが原因です。そのまま使用すると故障に発展するので、速やかにクリーニングしてください。

換気扇は油で汚れるものですが、仮に揚げ物を全くしなくても換気扇は汚れます。また、油は年数が経つと固まって取れにくくなるので、定期的なクリーニングをおすすめします。ご自身で掃除しても油が取れない、臭いが残る、見えないところが気になるという場合は、業者によるクリーニングを依頼してください。その際は、油が固くなっている冬場は避けてください。特に年末は油が取れにくいだけでなく、たいへん混み合うので、換気扇掃除には最悪の時期です。

換気扇は汚れの目安というより、定期的なクリーニング心がけてください。見えないところに油が溜まっていると、気づいたときにはもう遅いかも知れません。

モーターが故障してファンが回らなくなったら修理するより買い替えです。故障まではいかなくても振動や異音がしたり、吸込みが悪くなってきたら年数も考えて買い替えを検討してください。使用頻度にもよりますが、耐用年数の目安は10年程度です。

年末は気温が低く油が固く落ちにくくなっているので、この時期の換気扇掃除はなるべく避けてください。どうしても行いたい場合は、部屋を暖かくする、お湯やドライヤーを使用して温度を上げる工夫をしてください。

洗剤は必ず油汚れ専用のものを使用してください。 しつこい固くなった油を落とすためには、次の2つに着意するようにしてください。 1 油をやわらかくするため、高温にする。 2 反応を促すため、時間をかけて洗剤に浸す。 掃除する場所によって方法は異なります。お湯やドライヤーを使ったり、バケツなどで浸け置きしたり、キッチンペーパーやラップ、レジ袋を利用したり、いろいろ工夫してみてください。

換気扇の汚れは油です。油は低温で固くなり、高温で柔らかくなる性質があります。換気扇の掃除は、温度の低い年末大掃除ではなく、温度の高い夏場に実施してください。気温で油汚れの落ち方が全然ちがいます。

換気扇のキレイを保ち、手入れを簡単にするために、是非、使い捨てフィルターをご利用ください。その際、外付けタイプよりも交換タイプ、薄いものより厚めのものを選んでください。

何十年も手入れをしないで放置されたものや、換気扇の性能が低く内部全体に油汚れが広がっているものは、時間をかけても完全にキレイにすることはできません。費用対効果を考えると交換をおすすめします。エアコンや洗濯機もそうですが、耐用年数を過ぎたものはクリーニングして使うか、最新のものに更新するかも重要な選択です。

劣化が酷い場合は、買い替え(リフォーム)をおすすめします。換気能力も下がっているはずなので、費用対効果を考えてもクリーニングは避けたほうが賢明です。

機械的な音の場合は故障の可能性が高いので修理か交換した方が良いです。汚れが原因の音であればクリーニングで解消します。煙のはけが悪いのはフィルターの詰まりか、ファンの能力低下なので、クリーニングにより改善されます。

Load More

エアコン

換気扇は時間が経つと油がたまって固まっていきます。こまめに掃除するのが最も簡単な方法です。

温度が低い時期の掃除はできるだけ避けてください。それから、分解洗浄する場合はショートや感電に気をつけてください。スイッチや配線には百ボルトの電気が流れており危険です。

プロは換気扇を分解して、業務用洗剤と専用器材を使用して洗浄します。シロッコファンやフードなども分解するので、目に見えない奥の汚れまで落とすことができます。

換気扇は必ず上についています。分解や洗浄するときに、部品や洗剤、油汚れが落ちてくるので、顔や体、コンロなどに注意と対策をしてください。周辺を養生することと、手袋やゴーグルを使用することを忘れないでください。

掃除で換気扇を傷つけることはあまりありませんが、いくつか注意してください。分解するときに部品を落下させないように手を添えること。強い洗剤を使用する時は素材を傷めないか確認すること。金属製の道具を使用する時は、鋭利な角で表面を傷つけないように気をつけること。

水回りクリーニングのセット料金では、汚れの程度によらず同一の価格を設定しています。

日程が空いていれば、最短、当日でも作業は可能です。ただし、繁忙期は予約を取りにくいので、計画的な準備に心がけてください。

年数が経つと油が塗装面に癒着してしまいます。そうなると、油を落とすと塗料も剥がれて見苦しくなります。このような状態では、油汚れだけを落とすことは手遅れで、不可能です。

油汚れがひどい場合、最初から洗剤を使っていては作業が大変です。平らなところはスクレーパー、シロッコファンや溝部分は専用ケレンで削り落とします。その後、油用洗剤、ウエス、ブラシを使って仕上げます。浸け置きにはキッチンペーパーやお湯を上手に使ってください。

油のついている場所によって道具を使い分けます。平面的な部分はスクレーパー、それ以外はブラシを使います。また、シロッコファンには専用のケレンがあります。

油汚れにより、ファンの重心がずれて振動が発生したり、奥の吸込弁が開きにくくなったりして音が大きくなることがあります。それとクリーニングした後に音が大きくなるのは、汚れがとれてファンが円滑に勢いよく回るようになったためです。

使い捨てのフィルターを使用して、汚れたら交換してください。いつもきれいな状態を保つことが長く使い続けるコツです。

換気扇の表面が黄ばむ原因は油汚れです。コンロ付近から舞い上がった油は全てが換気扇に吸収されることはなく、部屋中に飛び散っています。換気扇だけでなく、エアコンの表面の黄ばみも、原因が油であることもあります。油ですので素材の変色でなければクリーニングでキレイになります。

ほとんどの油汚れは落とせますが、完全に固まってしまった油は落とすのに時間がかかります。また、長年放置すると油汚れと塗装面の癒着がおこり、汚れだけを落とすことはできなくなります。油と塗料が斑に剥がれ、たいへん見苦しくなります。これは、業者の技術に関係なく起きる事象なので、手遅れにならないうちにクリーニングすることをおすすめします。

使い捨てのフィルターを使用してください。できれば高くても厚手のものが良いです。更に、後付タイプよりも、交換タイプのフィルター枠が断然おすすめです。

換気扇は100ボルトの交流電源を使用し、液状の油は電気を通すので、危険ということであれば感電です。危険とまではいかなくてもリスクということであれば、モータの振動、異音や故障、機能低下による部屋中への油の散乱、電気代の無駄、フード表面の塗装剥がれなどが挙げられます。

簡単な換気扇なら誰にでも分解できます。新しいものはネジも手回しかコインで十分です。古いものでも、ほとんどドライバー1本で分解できます。シロッコファンだけは逆ネジになっており、外すときが右回り(時計回り)です。そこだけ注意はしないと外すつもりが締め付けてしまいます。

当店では、換気扇のコーティングはお勧めしていません。効果はほとんどありません。

油の臭いが取れなくなり、換気効率も悪くなります。最悪の場合は、溜まった汚れが原因で換気扇が故障する可能性もあります。体への影響は、換気されない煙などを吸い込むことで肺を傷めることになるかも知れません。

最も簡単で効果的な方法は、ドライヤーでこびり付いた油を温めて柔らかくすることです。その時に、やけどしないように注意してください。スチーマーでも構いませんが、周りが水浸しになるので、しっかり養生してください。

最初にクリーニングすることで、業者は各家庭特有の汚れの状態(クセ)を把握します。同じ業者に依頼すれば、以降、スムーズに汚れを落としてよりキレイにできます。

換気扇の清掃場所として台所を使用するので、周辺を片付けて、作業スペースを確保してください。

換気扇の汚れは油です。油は温度が低いと固くなり、逆に温度が高いと柔らかくなります。換気扇のクリーニングは、油が柔らかい時期に行うのがベストです。年末大掃除の時期は最も汚れが落ちにくい時期です。なるべく避けてください。また、換気扇をいつまでもキレイに使いたい方は、毎年クリーニングされています。年数が経つと油が固まって落ちにくくなります。

換気扇クリーニングは汚れの度合によって時間が大きく変わります。通常は1時間半から3時間です。工程は、周辺を養生して分解、各部品と本体を洗浄後、元通りに組み立てて終了です。

換気扇クリーニングにとって最悪の時期である年末大掃除の12月さえ外せば、比較的、予約は入れやすいです。

1年や2年ではしつこい油汚れはありません。簡単に落とせます。 洗剤には反応時間というものがあり、特に油の場合は相当に時間がかかります。 また、油は高温で柔らかくなる性質を持っています。 従って、浸け置き洗いをしたりやお湯・ドライヤーなどで加熱すれば、油汚れは楽に落とせます。

当店はエコ洗剤を使用していません。エコ洗剤といえば聞こえが良いですが、汚れを落とす能力は半減します。

シロッコファンが汚れているとモーターに余分な負荷がかかり、吸込み効率も悪くなります。またフィルターが汚れて詰まっていると空気の流れが悪くなります。そうなると換気扇の効きが悪くなるだけでなく電気代も無駄になります。

機械的な音であれば故障もしくはその前兆です。軽い振動音の場合は、ファンの汚れでバランスが崩れたり、フードに接触したりするのが原因です。そのまま使用すると故障に発展するので、速やかにクリーニングしてください。

換気扇は油で汚れるものですが、仮に揚げ物を全くしなくても換気扇は汚れます。また、油は年数が経つと固まって取れにくくなるので、定期的なクリーニングをおすすめします。ご自身で掃除しても油が取れない、臭いが残る、見えないところが気になるという場合は、業者によるクリーニングを依頼してください。その際は、油が固くなっている冬場は避けてください。特に年末は油が取れにくいだけでなく、たいへん混み合うので、換気扇掃除には最悪の時期です。

換気扇は汚れの目安というより、定期的なクリーニング心がけてください。見えないところに油が溜まっていると、気づいたときにはもう遅いかも知れません。

モーターが故障してファンが回らなくなったら修理するより買い替えです。故障まではいかなくても振動や異音がしたり、吸込みが悪くなってきたら年数も考えて買い替えを検討してください。使用頻度にもよりますが、耐用年数の目安は10年程度です。

年末は気温が低く油が固く落ちにくくなっているので、この時期の換気扇掃除はなるべく避けてください。どうしても行いたい場合は、部屋を暖かくする、お湯やドライヤーを使用して温度を上げる工夫をしてください。

洗剤は必ず油汚れ専用のものを使用してください。 しつこい固くなった油を落とすためには、次の2つに着意するようにしてください。 1 油をやわらかくするため、高温にする。 2 反応を促すため、時間をかけて洗剤に浸す。 掃除する場所によって方法は異なります。お湯やドライヤーを使ったり、バケツなどで浸け置きしたり、キッチンペーパーやラップ、レジ袋を利用したり、いろいろ工夫してみてください。

換気扇の汚れは油です。油は低温で固くなり、高温で柔らかくなる性質があります。換気扇の掃除は、温度の低い年末大掃除ではなく、温度の高い夏場に実施してください。気温で油汚れの落ち方が全然ちがいます。

換気扇のキレイを保ち、手入れを簡単にするために、是非、使い捨てフィルターをご利用ください。その際、外付けタイプよりも交換タイプ、薄いものより厚めのものを選んでください。

何十年も手入れをしないで放置されたものや、換気扇の性能が低く内部全体に油汚れが広がっているものは、時間をかけても完全にキレイにすることはできません。費用対効果を考えると交換をおすすめします。エアコンや洗濯機もそうですが、耐用年数を過ぎたものはクリーニングして使うか、最新のものに更新するかも重要な選択です。

劣化が酷い場合は、買い替え(リフォーム)をおすすめします。換気能力も下がっているはずなので、費用対効果を考えてもクリーニングは避けたほうが賢明です。

機械的な音の場合は故障の可能性が高いので修理か交換した方が良いです。汚れが原因の音であればクリーニングで解消します。煙のはけが悪いのはフィルターの詰まりか、ファンの能力低下なので、クリーニングにより改善されます。

Load More

洗濯機

換気扇は時間が経つと油がたまって固まっていきます。こまめに掃除するのが最も簡単な方法です。

温度が低い時期の掃除はできるだけ避けてください。それから、分解洗浄する場合はショートや感電に気をつけてください。スイッチや配線には百ボルトの電気が流れており危険です。

プロは換気扇を分解して、業務用洗剤と専用器材を使用して洗浄します。シロッコファンやフードなども分解するので、目に見えない奥の汚れまで落とすことができます。

換気扇は必ず上についています。分解や洗浄するときに、部品や洗剤、油汚れが落ちてくるので、顔や体、コンロなどに注意と対策をしてください。周辺を養生することと、手袋やゴーグルを使用することを忘れないでください。

掃除で換気扇を傷つけることはあまりありませんが、いくつか注意してください。分解するときに部品を落下させないように手を添えること。強い洗剤を使用する時は素材を傷めないか確認すること。金属製の道具を使用する時は、鋭利な角で表面を傷つけないように気をつけること。

水回りクリーニングのセット料金では、汚れの程度によらず同一の価格を設定しています。

日程が空いていれば、最短、当日でも作業は可能です。ただし、繁忙期は予約を取りにくいので、計画的な準備に心がけてください。

年数が経つと油が塗装面に癒着してしまいます。そうなると、油を落とすと塗料も剥がれて見苦しくなります。このような状態では、油汚れだけを落とすことは手遅れで、不可能です。

油汚れがひどい場合、最初から洗剤を使っていては作業が大変です。平らなところはスクレーパー、シロッコファンや溝部分は専用ケレンで削り落とします。その後、油用洗剤、ウエス、ブラシを使って仕上げます。浸け置きにはキッチンペーパーやお湯を上手に使ってください。

油のついている場所によって道具を使い分けます。平面的な部分はスクレーパー、それ以外はブラシを使います。また、シロッコファンには専用のケレンがあります。

油汚れにより、ファンの重心がずれて振動が発生したり、奥の吸込弁が開きにくくなったりして音が大きくなることがあります。それとクリーニングした後に音が大きくなるのは、汚れがとれてファンが円滑に勢いよく回るようになったためです。

使い捨てのフィルターを使用して、汚れたら交換してください。いつもきれいな状態を保つことが長く使い続けるコツです。

換気扇の表面が黄ばむ原因は油汚れです。コンロ付近から舞い上がった油は全てが換気扇に吸収されることはなく、部屋中に飛び散っています。換気扇だけでなく、エアコンの表面の黄ばみも、原因が油であることもあります。油ですので素材の変色でなければクリーニングでキレイになります。

ほとんどの油汚れは落とせますが、完全に固まってしまった油は落とすのに時間がかかります。また、長年放置すると油汚れと塗装面の癒着がおこり、汚れだけを落とすことはできなくなります。油と塗料が斑に剥がれ、たいへん見苦しくなります。これは、業者の技術に関係なく起きる事象なので、手遅れにならないうちにクリーニングすることをおすすめします。

使い捨てのフィルターを使用してください。できれば高くても厚手のものが良いです。更に、後付タイプよりも、交換タイプのフィルター枠が断然おすすめです。

換気扇は100ボルトの交流電源を使用し、液状の油は電気を通すので、危険ということであれば感電です。危険とまではいかなくてもリスクということであれば、モータの振動、異音や故障、機能低下による部屋中への油の散乱、電気代の無駄、フード表面の塗装剥がれなどが挙げられます。

簡単な換気扇なら誰にでも分解できます。新しいものはネジも手回しかコインで十分です。古いものでも、ほとんどドライバー1本で分解できます。シロッコファンだけは逆ネジになっており、外すときが右回り(時計回り)です。そこだけ注意はしないと外すつもりが締め付けてしまいます。

当店では、換気扇のコーティングはお勧めしていません。効果はほとんどありません。

油の臭いが取れなくなり、換気効率も悪くなります。最悪の場合は、溜まった汚れが原因で換気扇が故障する可能性もあります。体への影響は、換気されない煙などを吸い込むことで肺を傷めることになるかも知れません。

最も簡単で効果的な方法は、ドライヤーでこびり付いた油を温めて柔らかくすることです。その時に、やけどしないように注意してください。スチーマーでも構いませんが、周りが水浸しになるので、しっかり養生してください。

最初にクリーニングすることで、業者は各家庭特有の汚れの状態(クセ)を把握します。同じ業者に依頼すれば、以降、スムーズに汚れを落としてよりキレイにできます。

換気扇の清掃場所として台所を使用するので、周辺を片付けて、作業スペースを確保してください。

換気扇の汚れは油です。油は温度が低いと固くなり、逆に温度が高いと柔らかくなります。換気扇のクリーニングは、油が柔らかい時期に行うのがベストです。年末大掃除の時期は最も汚れが落ちにくい時期です。なるべく避けてください。また、換気扇をいつまでもキレイに使いたい方は、毎年クリーニングされています。年数が経つと油が固まって落ちにくくなります。

換気扇クリーニングは汚れの度合によって時間が大きく変わります。通常は1時間半から3時間です。工程は、周辺を養生して分解、各部品と本体を洗浄後、元通りに組み立てて終了です。

換気扇クリーニングにとって最悪の時期である年末大掃除の12月さえ外せば、比較的、予約は入れやすいです。

1年や2年ではしつこい油汚れはありません。簡単に落とせます。 洗剤には反応時間というものがあり、特に油の場合は相当に時間がかかります。 また、油は高温で柔らかくなる性質を持っています。 従って、浸け置き洗いをしたりやお湯・ドライヤーなどで加熱すれば、油汚れは楽に落とせます。

当店はエコ洗剤を使用していません。エコ洗剤といえば聞こえが良いですが、汚れを落とす能力は半減します。

シロッコファンが汚れているとモーターに余分な負荷がかかり、吸込み効率も悪くなります。またフィルターが汚れて詰まっていると空気の流れが悪くなります。そうなると換気扇の効きが悪くなるだけでなく電気代も無駄になります。

機械的な音であれば故障もしくはその前兆です。軽い振動音の場合は、ファンの汚れでバランスが崩れたり、フードに接触したりするのが原因です。そのまま使用すると故障に発展するので、速やかにクリーニングしてください。

換気扇は油で汚れるものですが、仮に揚げ物を全くしなくても換気扇は汚れます。また、油は年数が経つと固まって取れにくくなるので、定期的なクリーニングをおすすめします。ご自身で掃除しても油が取れない、臭いが残る、見えないところが気になるという場合は、業者によるクリーニングを依頼してください。その際は、油が固くなっている冬場は避けてください。特に年末は油が取れにくいだけでなく、たいへん混み合うので、換気扇掃除には最悪の時期です。

換気扇は汚れの目安というより、定期的なクリーニング心がけてください。見えないところに油が溜まっていると、気づいたときにはもう遅いかも知れません。

モーターが故障してファンが回らなくなったら修理するより買い替えです。故障まではいかなくても振動や異音がしたり、吸込みが悪くなってきたら年数も考えて買い替えを検討してください。使用頻度にもよりますが、耐用年数の目安は10年程度です。

年末は気温が低く油が固く落ちにくくなっているので、この時期の換気扇掃除はなるべく避けてください。どうしても行いたい場合は、部屋を暖かくする、お湯やドライヤーを使用して温度を上げる工夫をしてください。

洗剤は必ず油汚れ専用のものを使用してください。 しつこい固くなった油を落とすためには、次の2つに着意するようにしてください。 1 油をやわらかくするため、高温にする。 2 反応を促すため、時間をかけて洗剤に浸す。 掃除する場所によって方法は異なります。お湯やドライヤーを使ったり、バケツなどで浸け置きしたり、キッチンペーパーやラップ、レジ袋を利用したり、いろいろ工夫してみてください。

換気扇の汚れは油です。油は低温で固くなり、高温で柔らかくなる性質があります。換気扇の掃除は、温度の低い年末大掃除ではなく、温度の高い夏場に実施してください。気温で油汚れの落ち方が全然ちがいます。

換気扇のキレイを保ち、手入れを簡単にするために、是非、使い捨てフィルターをご利用ください。その際、外付けタイプよりも交換タイプ、薄いものより厚めのものを選んでください。

何十年も手入れをしないで放置されたものや、換気扇の性能が低く内部全体に油汚れが広がっているものは、時間をかけても完全にキレイにすることはできません。費用対効果を考えると交換をおすすめします。エアコンや洗濯機もそうですが、耐用年数を過ぎたものはクリーニングして使うか、最新のものに更新するかも重要な選択です。

劣化が酷い場合は、買い替え(リフォーム)をおすすめします。換気能力も下がっているはずなので、費用対効果を考えてもクリーニングは避けたほうが賢明です。

機械的な音の場合は故障の可能性が高いので修理か交換した方が良いです。汚れが原因の音であればクリーニングで解消します。煙のはけが悪いのはフィルターの詰まりか、ファンの能力低下なので、クリーニングにより改善されます。

Load More

浴室

換気扇は時間が経つと油がたまって固まっていきます。こまめに掃除するのが最も簡単な方法です。

温度が低い時期の掃除はできるだけ避けてください。それから、分解洗浄する場合はショートや感電に気をつけてください。スイッチや配線には百ボルトの電気が流れており危険です。

プロは換気扇を分解して、業務用洗剤と専用器材を使用して洗浄します。シロッコファンやフードなども分解するので、目に見えない奥の汚れまで落とすことができます。

換気扇は必ず上についています。分解や洗浄するときに、部品や洗剤、油汚れが落ちてくるので、顔や体、コンロなどに注意と対策をしてください。周辺を養生することと、手袋やゴーグルを使用することを忘れないでください。

掃除で換気扇を傷つけることはあまりありませんが、いくつか注意してください。分解するときに部品を落下させないように手を添えること。強い洗剤を使用する時は素材を傷めないか確認すること。金属製の道具を使用する時は、鋭利な角で表面を傷つけないように気をつけること。

水回りクリーニングのセット料金では、汚れの程度によらず同一の価格を設定しています。

日程が空いていれば、最短、当日でも作業は可能です。ただし、繁忙期は予約を取りにくいので、計画的な準備に心がけてください。

年数が経つと油が塗装面に癒着してしまいます。そうなると、油を落とすと塗料も剥がれて見苦しくなります。このような状態では、油汚れだけを落とすことは手遅れで、不可能です。

油汚れがひどい場合、最初から洗剤を使っていては作業が大変です。平らなところはスクレーパー、シロッコファンや溝部分は専用ケレンで削り落とします。その後、油用洗剤、ウエス、ブラシを使って仕上げます。浸け置きにはキッチンペーパーやお湯を上手に使ってください。

油のついている場所によって道具を使い分けます。平面的な部分はスクレーパー、それ以外はブラシを使います。また、シロッコファンには専用のケレンがあります。

油汚れにより、ファンの重心がずれて振動が発生したり、奥の吸込弁が開きにくくなったりして音が大きくなることがあります。それとクリーニングした後に音が大きくなるのは、汚れがとれてファンが円滑に勢いよく回るようになったためです。

使い捨てのフィルターを使用して、汚れたら交換してください。いつもきれいな状態を保つことが長く使い続けるコツです。

換気扇の表面が黄ばむ原因は油汚れです。コンロ付近から舞い上がった油は全てが換気扇に吸収されることはなく、部屋中に飛び散っています。換気扇だけでなく、エアコンの表面の黄ばみも、原因が油であることもあります。油ですので素材の変色でなければクリーニングでキレイになります。

ほとんどの油汚れは落とせますが、完全に固まってしまった油は落とすのに時間がかかります。また、長年放置すると油汚れと塗装面の癒着がおこり、汚れだけを落とすことはできなくなります。油と塗料が斑に剥がれ、たいへん見苦しくなります。これは、業者の技術に関係なく起きる事象なので、手遅れにならないうちにクリーニングすることをおすすめします。

使い捨てのフィルターを使用してください。できれば高くても厚手のものが良いです。更に、後付タイプよりも、交換タイプのフィルター枠が断然おすすめです。

換気扇は100ボルトの交流電源を使用し、液状の油は電気を通すので、危険ということであれば感電です。危険とまではいかなくてもリスクということであれば、モータの振動、異音や故障、機能低下による部屋中への油の散乱、電気代の無駄、フード表面の塗装剥がれなどが挙げられます。

簡単な換気扇なら誰にでも分解できます。新しいものはネジも手回しかコインで十分です。古いものでも、ほとんどドライバー1本で分解できます。シロッコファンだけは逆ネジになっており、外すときが右回り(時計回り)です。そこだけ注意はしないと外すつもりが締め付けてしまいます。

当店では、換気扇のコーティングはお勧めしていません。効果はほとんどありません。

油の臭いが取れなくなり、換気効率も悪くなります。最悪の場合は、溜まった汚れが原因で換気扇が故障する可能性もあります。体への影響は、換気されない煙などを吸い込むことで肺を傷めることになるかも知れません。

最も簡単で効果的な方法は、ドライヤーでこびり付いた油を温めて柔らかくすることです。その時に、やけどしないように注意してください。スチーマーでも構いませんが、周りが水浸しになるので、しっかり養生してください。

最初にクリーニングすることで、業者は各家庭特有の汚れの状態(クセ)を把握します。同じ業者に依頼すれば、以降、スムーズに汚れを落としてよりキレイにできます。

換気扇の清掃場所として台所を使用するので、周辺を片付けて、作業スペースを確保してください。

換気扇の汚れは油です。油は温度が低いと固くなり、逆に温度が高いと柔らかくなります。換気扇のクリーニングは、油が柔らかい時期に行うのがベストです。年末大掃除の時期は最も汚れが落ちにくい時期です。なるべく避けてください。また、換気扇をいつまでもキレイに使いたい方は、毎年クリーニングされています。年数が経つと油が固まって落ちにくくなります。

換気扇クリーニングは汚れの度合によって時間が大きく変わります。通常は1時間半から3時間です。工程は、周辺を養生して分解、各部品と本体を洗浄後、元通りに組み立てて終了です。

換気扇クリーニングにとって最悪の時期である年末大掃除の12月さえ外せば、比較的、予約は入れやすいです。

1年や2年ではしつこい油汚れはありません。簡単に落とせます。 洗剤には反応時間というものがあり、特に油の場合は相当に時間がかかります。 また、油は高温で柔らかくなる性質を持っています。 従って、浸け置き洗いをしたりやお湯・ドライヤーなどで加熱すれば、油汚れは楽に落とせます。

当店はエコ洗剤を使用していません。エコ洗剤といえば聞こえが良いですが、汚れを落とす能力は半減します。

シロッコファンが汚れているとモーターに余分な負荷がかかり、吸込み効率も悪くなります。またフィルターが汚れて詰まっていると空気の流れが悪くなります。そうなると換気扇の効きが悪くなるだけでなく電気代も無駄になります。

機械的な音であれば故障もしくはその前兆です。軽い振動音の場合は、ファンの汚れでバランスが崩れたり、フードに接触したりするのが原因です。そのまま使用すると故障に発展するので、速やかにクリーニングしてください。

換気扇は油で汚れるものですが、仮に揚げ物を全くしなくても換気扇は汚れます。また、油は年数が経つと固まって取れにくくなるので、定期的なクリーニングをおすすめします。ご自身で掃除しても油が取れない、臭いが残る、見えないところが気になるという場合は、業者によるクリーニングを依頼してください。その際は、油が固くなっている冬場は避けてください。特に年末は油が取れにくいだけでなく、たいへん混み合うので、換気扇掃除には最悪の時期です。

換気扇は汚れの目安というより、定期的なクリーニング心がけてください。見えないところに油が溜まっていると、気づいたときにはもう遅いかも知れません。

モーターが故障してファンが回らなくなったら修理するより買い替えです。故障まではいかなくても振動や異音がしたり、吸込みが悪くなってきたら年数も考えて買い替えを検討してください。使用頻度にもよりますが、耐用年数の目安は10年程度です。

年末は気温が低く油が固く落ちにくくなっているので、この時期の換気扇掃除はなるべく避けてください。どうしても行いたい場合は、部屋を暖かくする、お湯やドライヤーを使用して温度を上げる工夫をしてください。

洗剤は必ず油汚れ専用のものを使用してください。 しつこい固くなった油を落とすためには、次の2つに着意するようにしてください。 1 油をやわらかくするため、高温にする。 2 反応を促すため、時間をかけて洗剤に浸す。 掃除する場所によって方法は異なります。お湯やドライヤーを使ったり、バケツなどで浸け置きしたり、キッチンペーパーやラップ、レジ袋を利用したり、いろいろ工夫してみてください。

換気扇の汚れは油です。油は低温で固くなり、高温で柔らかくなる性質があります。換気扇の掃除は、温度の低い年末大掃除ではなく、温度の高い夏場に実施してください。気温で油汚れの落ち方が全然ちがいます。

換気扇のキレイを保ち、手入れを簡単にするために、是非、使い捨てフィルターをご利用ください。その際、外付けタイプよりも交換タイプ、薄いものより厚めのものを選んでください。

何十年も手入れをしないで放置されたものや、換気扇の性能が低く内部全体に油汚れが広がっているものは、時間をかけても完全にキレイにすることはできません。費用対効果を考えると交換をおすすめします。エアコンや洗濯機もそうですが、耐用年数を過ぎたものはクリーニングして使うか、最新のものに更新するかも重要な選択です。

劣化が酷い場合は、買い替え(リフォーム)をおすすめします。換気能力も下がっているはずなので、費用対効果を考えてもクリーニングは避けたほうが賢明です。

機械的な音の場合は故障の可能性が高いので修理か交換した方が良いです。汚れが原因の音であればクリーニングで解消します。煙のはけが悪いのはフィルターの詰まりか、ファンの能力低下なので、クリーニングにより改善されます。

Load More

換気扇

換気扇は時間が経つと油がたまって固まっていきます。こまめに掃除するのが最も簡単な方法です。

温度が低い時期の掃除はできるだけ避けてください。それから、分解洗浄する場合はショートや感電に気をつけてください。スイッチや配線には百ボルトの電気が流れており危険です。

プロは換気扇を分解して、業務用洗剤と専用器材を使用して洗浄します。シロッコファンやフードなども分解するので、目に見えない奥の汚れまで落とすことができます。

換気扇は必ず上についています。分解や洗浄するときに、部品や洗剤、油汚れが落ちてくるので、顔や体、コンロなどに注意と対策をしてください。周辺を養生することと、手袋やゴーグルを使用することを忘れないでください。

掃除で換気扇を傷つけることはあまりありませんが、いくつか注意してください。分解するときに部品を落下させないように手を添えること。強い洗剤を使用する時は素材を傷めないか確認すること。金属製の道具を使用する時は、鋭利な角で表面を傷つけないように気をつけること。

水回りクリーニングのセット料金では、汚れの程度によらず同一の価格を設定しています。

日程が空いていれば、最短、当日でも作業は可能です。ただし、繁忙期は予約を取りにくいので、計画的な準備に心がけてください。

年数が経つと油が塗装面に癒着してしまいます。そうなると、油を落とすと塗料も剥がれて見苦しくなります。このような状態では、油汚れだけを落とすことは手遅れで、不可能です。

油汚れがひどい場合、最初から洗剤を使っていては作業が大変です。平らなところはスクレーパー、シロッコファンや溝部分は専用ケレンで削り落とします。その後、油用洗剤、ウエス、ブラシを使って仕上げます。浸け置きにはキッチンペーパーやお湯を上手に使ってください。

油のついている場所によって道具を使い分けます。平面的な部分はスクレーパー、それ以外はブラシを使います。また、シロッコファンには専用のケレンがあります。

油汚れにより、ファンの重心がずれて振動が発生したり、奥の吸込弁が開きにくくなったりして音が大きくなることがあります。それとクリーニングした後に音が大きくなるのは、汚れがとれてファンが円滑に勢いよく回るようになったためです。

使い捨てのフィルターを使用して、汚れたら交換してください。いつもきれいな状態を保つことが長く使い続けるコツです。

換気扇の表面が黄ばむ原因は油汚れです。コンロ付近から舞い上がった油は全てが換気扇に吸収されることはなく、部屋中に飛び散っています。換気扇だけでなく、エアコンの表面の黄ばみも、原因が油であることもあります。油ですので素材の変色でなければクリーニングでキレイになります。

ほとんどの油汚れは落とせますが、完全に固まってしまった油は落とすのに時間がかかります。また、長年放置すると油汚れと塗装面の癒着がおこり、汚れだけを落とすことはできなくなります。油と塗料が斑に剥がれ、たいへん見苦しくなります。これは、業者の技術に関係なく起きる事象なので、手遅れにならないうちにクリーニングすることをおすすめします。

使い捨てのフィルターを使用してください。できれば高くても厚手のものが良いです。更に、後付タイプよりも、交換タイプのフィルター枠が断然おすすめです。

換気扇は100ボルトの交流電源を使用し、液状の油は電気を通すので、危険ということであれば感電です。危険とまではいかなくてもリスクということであれば、モータの振動、異音や故障、機能低下による部屋中への油の散乱、電気代の無駄、フード表面の塗装剥がれなどが挙げられます。

簡単な換気扇なら誰にでも分解できます。新しいものはネジも手回しかコインで十分です。古いものでも、ほとんどドライバー1本で分解できます。シロッコファンだけは逆ネジになっており、外すときが右回り(時計回り)です。そこだけ注意はしないと外すつもりが締め付けてしまいます。

当店では、換気扇のコーティングはお勧めしていません。効果はほとんどありません。

油の臭いが取れなくなり、換気効率も悪くなります。最悪の場合は、溜まった汚れが原因で換気扇が故障する可能性もあります。体への影響は、換気されない煙などを吸い込むことで肺を傷めることになるかも知れません。

最も簡単で効果的な方法は、ドライヤーでこびり付いた油を温めて柔らかくすることです。その時に、やけどしないように注意してください。スチーマーでも構いませんが、周りが水浸しになるので、しっかり養生してください。

最初にクリーニングすることで、業者は各家庭特有の汚れの状態(クセ)を把握します。同じ業者に依頼すれば、以降、スムーズに汚れを落としてよりキレイにできます。

換気扇の清掃場所として台所を使用するので、周辺を片付けて、作業スペースを確保してください。

換気扇の汚れは油です。油は温度が低いと固くなり、逆に温度が高いと柔らかくなります。換気扇のクリーニングは、油が柔らかい時期に行うのがベストです。年末大掃除の時期は最も汚れが落ちにくい時期です。なるべく避けてください。また、換気扇をいつまでもキレイに使いたい方は、毎年クリーニングされています。年数が経つと油が固まって落ちにくくなります。

換気扇クリーニングは汚れの度合によって時間が大きく変わります。通常は1時間半から3時間です。工程は、周辺を養生して分解、各部品と本体を洗浄後、元通りに組み立てて終了です。

換気扇クリーニングにとって最悪の時期である年末大掃除の12月さえ外せば、比較的、予約は入れやすいです。

1年や2年ではしつこい油汚れはありません。簡単に落とせます。 洗剤には反応時間というものがあり、特に油の場合は相当に時間がかかります。 また、油は高温で柔らかくなる性質を持っています。 従って、浸け置き洗いをしたりやお湯・ドライヤーなどで加熱すれば、油汚れは楽に落とせます。

当店はエコ洗剤を使用していません。エコ洗剤といえば聞こえが良いですが、汚れを落とす能力は半減します。

シロッコファンが汚れているとモーターに余分な負荷がかかり、吸込み効率も悪くなります。またフィルターが汚れて詰まっていると空気の流れが悪くなります。そうなると換気扇の効きが悪くなるだけでなく電気代も無駄になります。

機械的な音であれば故障もしくはその前兆です。軽い振動音の場合は、ファンの汚れでバランスが崩れたり、フードに接触したりするのが原因です。そのまま使用すると故障に発展するので、速やかにクリーニングしてください。

換気扇は油で汚れるものですが、仮に揚げ物を全くしなくても換気扇は汚れます。また、油は年数が経つと固まって取れにくくなるので、定期的なクリーニングをおすすめします。ご自身で掃除しても油が取れない、臭いが残る、見えないところが気になるという場合は、業者によるクリーニングを依頼してください。その際は、油が固くなっている冬場は避けてください。特に年末は油が取れにくいだけでなく、たいへん混み合うので、換気扇掃除には最悪の時期です。

換気扇は汚れの目安というより、定期的なクリーニング心がけてください。見えないところに油が溜まっていると、気づいたときにはもう遅いかも知れません。

モーターが故障してファンが回らなくなったら修理するより買い替えです。故障まではいかなくても振動や異音がしたり、吸込みが悪くなってきたら年数も考えて買い替えを検討してください。使用頻度にもよりますが、耐用年数の目安は10年程度です。

年末は気温が低く油が固く落ちにくくなっているので、この時期の換気扇掃除はなるべく避けてください。どうしても行いたい場合は、部屋を暖かくする、お湯やドライヤーを使用して温度を上げる工夫をしてください。

洗剤は必ず油汚れ専用のものを使用してください。 しつこい固くなった油を落とすためには、次の2つに着意するようにしてください。 1 油をやわらかくするため、高温にする。 2 反応を促すため、時間をかけて洗剤に浸す。 掃除する場所によって方法は異なります。お湯やドライヤーを使ったり、バケツなどで浸け置きしたり、キッチンペーパーやラップ、レジ袋を利用したり、いろいろ工夫してみてください。

換気扇の汚れは油です。油は低温で固くなり、高温で柔らかくなる性質があります。換気扇の掃除は、温度の低い年末大掃除ではなく、温度の高い夏場に実施してください。気温で油汚れの落ち方が全然ちがいます。

換気扇のキレイを保ち、手入れを簡単にするために、是非、使い捨てフィルターをご利用ください。その際、外付けタイプよりも交換タイプ、薄いものより厚めのものを選んでください。

何十年も手入れをしないで放置されたものや、換気扇の性能が低く内部全体に油汚れが広がっているものは、時間をかけても完全にキレイにすることはできません。費用対効果を考えると交換をおすすめします。エアコンや洗濯機もそうですが、耐用年数を過ぎたものはクリーニングして使うか、最新のものに更新するかも重要な選択です。

劣化が酷い場合は、買い替え(リフォーム)をおすすめします。換気能力も下がっているはずなので、費用対効果を考えてもクリーニングは避けたほうが賢明です。

機械的な音の場合は故障の可能性が高いので修理か交換した方が良いです。汚れが原因の音であればクリーニングで解消します。煙のはけが悪いのはフィルターの詰まりか、ファンの能力低下なので、クリーニングにより改善されます。

Load More

水回り

換気扇は時間が経つと油がたまって固まっていきます。こまめに掃除するのが最も簡単な方法です。

温度が低い時期の掃除はできるだけ避けてください。それから、分解洗浄する場合はショートや感電に気をつけてください。スイッチや配線には百ボルトの電気が流れており危険です。

プロは換気扇を分解して、業務用洗剤と専用器材を使用して洗浄します。シロッコファンやフードなども分解するので、目に見えない奥の汚れまで落とすことができます。

換気扇は必ず上についています。分解や洗浄するときに、部品や洗剤、油汚れが落ちてくるので、顔や体、コンロなどに注意と対策をしてください。周辺を養生することと、手袋やゴーグルを使用することを忘れないでください。

掃除で換気扇を傷つけることはあまりありませんが、いくつか注意してください。分解するときに部品を落下させないように手を添えること。強い洗剤を使用する時は素材を傷めないか確認すること。金属製の道具を使用する時は、鋭利な角で表面を傷つけないように気をつけること。

水回りクリーニングのセット料金では、汚れの程度によらず同一の価格を設定しています。

日程が空いていれば、最短、当日でも作業は可能です。ただし、繁忙期は予約を取りにくいので、計画的な準備に心がけてください。

年数が経つと油が塗装面に癒着してしまいます。そうなると、油を落とすと塗料も剥がれて見苦しくなります。このような状態では、油汚れだけを落とすことは手遅れで、不可能です。

油汚れがひどい場合、最初から洗剤を使っていては作業が大変です。平らなところはスクレーパー、シロッコファンや溝部分は専用ケレンで削り落とします。その後、油用洗剤、ウエス、ブラシを使って仕上げます。浸け置きにはキッチンペーパーやお湯を上手に使ってください。

油のついている場所によって道具を使い分けます。平面的な部分はスクレーパー、それ以外はブラシを使います。また、シロッコファンには専用のケレンがあります。

油汚れにより、ファンの重心がずれて振動が発生したり、奥の吸込弁が開きにくくなったりして音が大きくなることがあります。それとクリーニングした後に音が大きくなるのは、汚れがとれてファンが円滑に勢いよく回るようになったためです。

使い捨てのフィルターを使用して、汚れたら交換してください。いつもきれいな状態を保つことが長く使い続けるコツです。

換気扇の表面が黄ばむ原因は油汚れです。コンロ付近から舞い上がった油は全てが換気扇に吸収されることはなく、部屋中に飛び散っています。換気扇だけでなく、エアコンの表面の黄ばみも、原因が油であることもあります。油ですので素材の変色でなければクリーニングでキレイになります。

ほとんどの油汚れは落とせますが、完全に固まってしまった油は落とすのに時間がかかります。また、長年放置すると油汚れと塗装面の癒着がおこり、汚れだけを落とすことはできなくなります。油と塗料が斑に剥がれ、たいへん見苦しくなります。これは、業者の技術に関係なく起きる事象なので、手遅れにならないうちにクリーニングすることをおすすめします。

使い捨てのフィルターを使用してください。できれば高くても厚手のものが良いです。更に、後付タイプよりも、交換タイプのフィルター枠が断然おすすめです。

換気扇は100ボルトの交流電源を使用し、液状の油は電気を通すので、危険ということであれば感電です。危険とまではいかなくてもリスクということであれば、モータの振動、異音や故障、機能低下による部屋中への油の散乱、電気代の無駄、フード表面の塗装剥がれなどが挙げられます。

簡単な換気扇なら誰にでも分解できます。新しいものはネジも手回しかコインで十分です。古いものでも、ほとんどドライバー1本で分解できます。シロッコファンだけは逆ネジになっており、外すときが右回り(時計回り)です。そこだけ注意はしないと外すつもりが締め付けてしまいます。

当店では、換気扇のコーティングはお勧めしていません。効果はほとんどありません。

油の臭いが取れなくなり、換気効率も悪くなります。最悪の場合は、溜まった汚れが原因で換気扇が故障する可能性もあります。体への影響は、換気されない煙などを吸い込むことで肺を傷めることになるかも知れません。

最も簡単で効果的な方法は、ドライヤーでこびり付いた油を温めて柔らかくすることです。その時に、やけどしないように注意してください。スチーマーでも構いませんが、周りが水浸しになるので、しっかり養生してください。

最初にクリーニングすることで、業者は各家庭特有の汚れの状態(クセ)を把握します。同じ業者に依頼すれば、以降、スムーズに汚れを落としてよりキレイにできます。

換気扇の清掃場所として台所を使用するので、周辺を片付けて、作業スペースを確保してください。

換気扇の汚れは油です。油は温度が低いと固くなり、逆に温度が高いと柔らかくなります。換気扇のクリーニングは、油が柔らかい時期に行うのがベストです。年末大掃除の時期は最も汚れが落ちにくい時期です。なるべく避けてください。また、換気扇をいつまでもキレイに使いたい方は、毎年クリーニングされています。年数が経つと油が固まって落ちにくくなります。

換気扇クリーニングは汚れの度合によって時間が大きく変わります。通常は1時間半から3時間です。工程は、周辺を養生して分解、各部品と本体を洗浄後、元通りに組み立てて終了です。

換気扇クリーニングにとって最悪の時期である年末大掃除の12月さえ外せば、比較的、予約は入れやすいです。

1年や2年ではしつこい油汚れはありません。簡単に落とせます。 洗剤には反応時間というものがあり、特に油の場合は相当に時間がかかります。 また、油は高温で柔らかくなる性質を持っています。 従って、浸け置き洗いをしたりやお湯・ドライヤーなどで加熱すれば、油汚れは楽に落とせます。

当店はエコ洗剤を使用していません。エコ洗剤といえば聞こえが良いですが、汚れを落とす能力は半減します。

シロッコファンが汚れているとモーターに余分な負荷がかかり、吸込み効率も悪くなります。またフィルターが汚れて詰まっていると空気の流れが悪くなります。そうなると換気扇の効きが悪くなるだけでなく電気代も無駄になります。

機械的な音であれば故障もしくはその前兆です。軽い振動音の場合は、ファンの汚れでバランスが崩れたり、フードに接触したりするのが原因です。そのまま使用すると故障に発展するので、速やかにクリーニングしてください。

換気扇は油で汚れるものですが、仮に揚げ物を全くしなくても換気扇は汚れます。また、油は年数が経つと固まって取れにくくなるので、定期的なクリーニングをおすすめします。ご自身で掃除しても油が取れない、臭いが残る、見えないところが気になるという場合は、業者によるクリーニングを依頼してください。その際は、油が固くなっている冬場は避けてください。特に年末は油が取れにくいだけでなく、たいへん混み合うので、換気扇掃除には最悪の時期です。

換気扇は汚れの目安というより、定期的なクリーニング心がけてください。見えないところに油が溜まっていると、気づいたときにはもう遅いかも知れません。

モーターが故障してファンが回らなくなったら修理するより買い替えです。故障まではいかなくても振動や異音がしたり、吸込みが悪くなってきたら年数も考えて買い替えを検討してください。使用頻度にもよりますが、耐用年数の目安は10年程度です。

年末は気温が低く油が固く落ちにくくなっているので、この時期の換気扇掃除はなるべく避けてください。どうしても行いたい場合は、部屋を暖かくする、お湯やドライヤーを使用して温度を上げる工夫をしてください。

洗剤は必ず油汚れ専用のものを使用してください。 しつこい固くなった油を落とすためには、次の2つに着意するようにしてください。 1 油をやわらかくするため、高温にする。 2 反応を促すため、時間をかけて洗剤に浸す。 掃除する場所によって方法は異なります。お湯やドライヤーを使ったり、バケツなどで浸け置きしたり、キッチンペーパーやラップ、レジ袋を利用したり、いろいろ工夫してみてください。

換気扇の汚れは油です。油は低温で固くなり、高温で柔らかくなる性質があります。換気扇の掃除は、温度の低い年末大掃除ではなく、温度の高い夏場に実施してください。気温で油汚れの落ち方が全然ちがいます。

換気扇のキレイを保ち、手入れを簡単にするために、是非、使い捨てフィルターをご利用ください。その際、外付けタイプよりも交換タイプ、薄いものより厚めのものを選んでください。

何十年も手入れをしないで放置されたものや、換気扇の性能が低く内部全体に油汚れが広がっているものは、時間をかけても完全にキレイにすることはできません。費用対効果を考えると交換をおすすめします。エアコンや洗濯機もそうですが、耐用年数を過ぎたものはクリーニングして使うか、最新のものに更新するかも重要な選択です。

劣化が酷い場合は、買い替え(リフォーム)をおすすめします。換気能力も下がっているはずなので、費用対効果を考えてもクリーニングは避けたほうが賢明です。

機械的な音の場合は故障の可能性が高いので修理か交換した方が良いです。汚れが原因の音であればクリーニングで解消します。煙のはけが悪いのはフィルターの詰まりか、ファンの能力低下なので、クリーニングにより改善されます。

Load More

PAGE TOP